7月3、4日開催、九州放送機器展2014にて、V-Lowマルチメディア放送の展示に技術協力

DreamNews / 2014年7月1日 13時0分

株式会社エーアイは、2014年7月3日(木)・4日(金)に開催される九州放送機器展2014において、株式会社エフエム東京などが実施するV-Lowマルチメディア放送の展示に技術協力致します。

株式会社エーアイ(本社:東京都文京区、代表取締役:吉田 大介、以下エーアイ)は、2014年7月3日(木)・4日(金)に開催される九州放送機器展2014において、株式会社エフエム東京(本社:千代田区麹町、代表取社長:千代 勝美、以下エフエム東京)などが実施するV-Lowマルチメディア放送の展示に技術協力致します。

エフエム東京などは、放送開始が予定されているV-Lowマルチメディア放送に関する展示を行います。エーアイでは、それらのうち、Android端末で動作する「V-LowMM放送受信アプリ」に技術協力し、車向けサービスチャンネル「Channel-V」にて、放送で配信される次世代交通情報をAITalk(R)で読上げる展示を行います。

<九州放送機器展2014 開催概要>
●名称
九州放送機器展2014
Qshu Broadcasting Equipment Exhibition 2014 (略称) QBEE
●会期
2014年7月3日(木)午前10時~午後6時
2014年7月4日(金)午前10時~午後5時
●会場
福岡国際センター(〒812-0021 福岡市博多区築港本町2-2)
●主催
一般社団法人日本ポストプロダクション協会
●公式ウェブサイト
http://www.q-kikiten.com/index.html

<エフエム東京など展示概要>
●出展ブース
E-39
●内容
・放送開始に合わせて無償サンプル配布する予定の「V-Low受信Wi-Fiチューナー」を初公開。
・ドライバー向けのGPSを含むカーナビ機能と連動したV-LowMM放送によるITS情報配信システムのデモと快適で安全な走行をサポートする次世代ハイウェイ放送サービスのデモ
・V-Lowマルチメディア放送による自治体向けの防災情報配信のデモ展示。冊子「マンガでわかるマルチメディア放送自治体活用入門」をブースにて配布します。

<音声合成AITalk(R)とは>
AITalk(R)は、コーパスベース音声合成方式を採用し、より人間らしく自然な音声で、自由に音声合成をすることができる音声合成エンジンです。
●デモンストレーションはこちら
http://www.ai-j.jp/
●3つの特徴
(1)人間の声に近い自然な音声
(2)20分~5時間程度の録音で、誰の声でもオリジナルの音声辞書を作成することが可能
※1:プランにより収録文章数が異なり、また個人によって読上げスピードや読み間違い等があるため、収録時間に差があります。
※2:一般的に収録文章数が多いほど音質は向上します。ご用途によって最適な収録数・音声辞書作成方法をご提案いたします。
(3)豊富な話者のラインナップ

【株式会社エーアイ 会社概要】
ホームページURL:http://www.ai-j.jp
本社:東京都文京区本郷1-28-10 本郷TKビル5階
設立:2003年4月
事業内容:音声合成エンジンおよび関連するソリューションの提供

■本リリースに関するお問い合わせ
株式会社エーアイ 担当:藤本
Email:info@ai-j.jp 電話番号:03-6801-8461

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング