SBSフレック、食品物流情報開示システムをバージョンアップ -商品追跡や鮮度管理など物流過程の見える化がさらに便利に安全に-

DreamNews / 2014年7月1日 15時0分

 SBSグループにおいて、全国食品物流を担うSBSフレック株式会社(社長:渡邊誠、本社:東京都墨田区)は、7月1日、物流過程の商品追跡から鮮度管理までをカバーする食品メーカー様向け物流情報開示システムをバージョンアップ、さらに便利に安全になりましたのでお知らせします。


 SBSフレックは、北海道から九州まで約70か所に事業拠点を有し、食品メーカー様、卸事業者様の工場・センター間の輸配送や入出荷作業、納品先様への配送業務などを通じて、冷蔵、冷凍、常温、定温の食品を全国各地に日々お届けしています。

 同社は、2011年から様々な物流ルートを経由する商品の所在、数量、ロット番号、荷姿、賞味期限などの情報を収集・管理する食品物流情報開示システムを提供開始いたしました。同システムの詳細は裏面の「食品物流情報開示システム概要」をご覧ください。

 特徴は、インターネット経由で利用する方式※で、早くかつ低コストで導入可能。どのロットの商品がいつ、いくつ出荷され、今どこにあるのか、その賞味期限はいつなのかなど、見たい情報を簡単に取り出せるボタン操作が好評です。
 ※:SaaS(サース:Software as a Service)。システム機能をユーザがネットワーク経由で活用する形態

 今回の改善点は、“物流過程の見える化”を支える出荷、入荷、在庫、品質の4つの基本機能の処理速度の向上に加え、情報セキュリティ認証の強化、グラフの見やすさ改善とダウンロード機能の付加、スマホやタブレット対応強化などのユーザインタフェースの充実です。

 食の安全・安心を守るためにはコスト負担や他企業との情報共有など多くの壁があるのが実情です。食品物流のプロフェッショナルのSBSフレックだから“物流過程の見える化”を実現。SBSフレックは、食品メーカー様の大切な商品と一緒に安心・安全もお届けします。

以上

■ご参考
<食品物流情報開示システム概要>
 お客様はSBSフレックのウェブサイトから専用システムにアクセス。表示される様々なボタンを操作することでどこにどの
 ロットの商品がどれくらいあるのかをワンストップで把握できます。さらに、商品の賞味期限切れや納品許容切れを知らせて
 誤出荷を防ぐ警告機能や各物流センターの稼働状況が把握できる機能も装備されています。

<SBSフレック株式会社概要>
 本社:東京都墨田区太平4丁目1番3号 オリナスタワー
 代表者:代表取締役社長 渡邊 誠
 創業:1956年(昭和31年)
 親会社:SBSホールディングス株式会社(持株比率94.8%)
 資本金:2億18百万円(2013年12月末現在)
 売上高:415億円 (2013年12月末現在、SBSフレックグループ連結)
 従業員数:2,817名 (2013年12月末現在、同上正社員・パート等含む)
 事業所:北海道から九州まで全国に約70拠点を設置
 関係会社:SBSフレック北海道(株)、SBSフレック東北(株)、SBSフレック関東(株)、SBSフレック中部(株)、
        SBSフレック関西(株)、SBSフレック九州(株)
 事業内容:旧雪印物流(株)の時代から約半世紀にわたって食品の低温物流を全国ネットで展開しています。
  2004年にSBSグループ入り。同グループの食品・3温度帯物流事業のコア会社として、食の安全をしっかり守る物流品質
  で全国のお客様に輸送・保管・流通加工・センター運営などをご提供しています。また、物流全般を一括でお引き受けする
  3PLサービスにも注力しております。
 URL:http://www.sbs-flec.co.jp

■本件に関するお問い合わせ先
 SBSフレック株式会社
 事業本部 TEL:0120-983-009

■本件に関するマスコミからのお問い合わせ先
 SBSホールディングス株式会社
 IR・広報部 早乙女 良之  TEL:03-3829-2240/e-mail:contact11@sbs-group.co.jp

 ※当資料に掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、
  あらかじめご了承ください。

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング