マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、果汁飲料の飲用実態と今後のニーズについて調査結果を発表

DreamNews / 2014年7月1日 17時30分

写真

今回、果汁飲料の飲用実態と今後のニーズを探るため、20代~60代の男女620人を対象に消費者調査を実施した。調査の結果、「果汁100%未満の飲料」で飲用率の下げ止まりが確認できた。要因としては、「おいしさ」への評価が年々高まり、“味”に満足する人が増えているためと考えられる。今後も、およそ5割の人が「果汁100%未満の飲料」を飲用したい考えで、“低果汁”ニーズが一層強くなる見込みである。

概要
◆今回、果汁飲料(果汁100%・果汁100%未満)の飲用実態と今後のニーズを探るため、20代~60代の男女620人を対象に消費者調査を実施した。

◆調査の結果、「果汁100%未満の飲料」で飲用率の下げ止まりが確認できた。要因としては、「おいしさ」への評価が年々高まり、“味”に満足する人が増えているためと考えられる。

◆今後も、およそ5割の人が「果汁100%未満の飲料」を飲用したい考えである。しかも、果汁率は前回に比べて「50%未満」を求める人が増えており、“低果汁”ニーズが一層強くなる可能性がある。また、“リフレッシュ”や“清涼感”“甘さ”に期待する人も多く、今後の有効な訴求ポイントといえる。

◆この他では、豊富な栄養素を含むアサイーなどを使った「健康・美容系果汁飲料」の飲用実態や、果汁・フレーバーを加えた「フレーバーウォーター」との競合状況についても明らかにしている。

◆なお、当調査は今回で5回目(2010年~2014年)の実施となることから、5ヶ年の傾向についても分析している。

【調査方法】
WEBによるアンケート調査
調査エリアは全国
対象:全国の20~60代男女

【調査内容】
1.果汁飲料の飲用実態
・飲用頻度
・飲用機会の増減とその理由
・飲用場所・シーン
・飲用目的・理由

2.果汁飲料の購入実態
・購入先
・購入価格
・購入ポイント

3.果汁飲料の商品評価
・気に入っている点と不満点

4.新機軸の商品の認知度・飲用実態
・新製品(2013年以降)
・健康・美容系果汁飲料
・フレーバーウォーター 

5.今後の飲用意向と求める商品像
・今後の果汁飲料の飲用意向
・今後期待する商品像

TPC消費者調査レポートNo.198
『果汁飲料の飲用実態と今後のニーズ(第5弾)』
―“おいしさ”への評価が高まる低果汁飲料―
詳細はこちら>>http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/cr610140254
体裁:A4判カラーコピー製本約153頁+CD-ROM版
※CD-ROM版には、レポート編・データ編(基本クロス集計・ローデータ・調査票)を収録しています。
発刊日:2014年6月30日
頒  価:230,000円(税抜)


【会社概要】
■会社名   株式会社総合企画センター大阪
■所在地   大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
■TEL     06-6538-5358
■FAX     06-6538-6531
■プライバシーマーク認定番号 第20001810 (01)号
■URL     http://tpc-cop.co.jp/
■公式Facebook  http://www.facebook.com/bibliotheque.tpc
■公式 ブログ http://tpc-cop.co.jp/blog/
■事業内容  マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版


【本件に関するお問い合わせ】
(株)総合企画センター大阪 webマーケティンググループ
https://secure.future-s.com/~bibliotheque/contact/
フリーダイヤル:0120-30-6531

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング