夜景評論家・丸々もとおがトータルプロデュース。足利花火大会100回記念 足利織姫神社 夏イベント~『幽玄』~開催!

DreamNews / 2014年7月18日 10時0分

写真

 2014年7月30日(水)~8月1日(金)の3日間、栃木県足利市で毎年開催される足利花火大会(8月2日開催)の100回目を記念し、夜景評論家・丸々もとおのトータルプロデュースによる足利織姫神社夏イベント~『幽玄』~を開催します。

2014年7月30日(水)~8月1日(金)の3日間、
栃木県足利市で毎年開催される足利花火大会(8月2日開催)の100回目を記念し、
夜景評論家・丸々もとおのトータルプロデュースによる足利織姫神社夏イベント~『幽玄』~を開催。
足利織姫神社は「機業(織物業)」の守護神と「織姫」という名の由来から、
「産業振興」と「縁結び」の神社としても有名な場所です。

詳細は、http://www.yakei-isan.jp/news/index.php?id=14025414123

同イベントにおける演出内容は、近年話題のプロジェクションマッピングの前身である
D-K(デジタル掛け軸)を発明し、世界で活躍するデジタルアートの第一人者・長谷川章氏の映像パフォーマンス。
さらにカラーキネティクス・ジャパンのライティング演出が加わる「光と映像と音のコラボレーションショー」です。
荘厳な音楽が流れるなか15分に一度、ショー演出が繰り広げられます。
1秒毎に変化するD-Kの光景はまるで繊維柄のようにも見え、
ストーリーが進むにつれ来場者の心は神秘的な世界に魅了されることでしょう。
また1時間に2回の歌・楽器演奏、夜神楽のパフォーマンスも加わります。
1300年の歴史と伝統を誇り、足利市街の夜景も望めるこの場所で意識が時代を遡るような感覚とともに、
幽玄な夜のアートをお楽しみください。

【企画概要】
イベント名:足利織姫神社 夏イベント~『幽玄』~
実施期間:2014年7月30日(水)~8月1日(金) ※3日間限定
開催時間:19時00分~22時00分
料金:無料
会場:足利織姫神社(栃木県足利市西宮町3889番地)
アクセス:JR足利駅・東武足利市駅より約2.2km(車で10分、徒歩30分)
http://www.yakei-isan.jp/news/index.php?id=14025414123

※ 以下、画像は参考イメージ(別の神社での演出模様です)

プロデューサープロフィール
丸々もとお(MOTOO MARUMARU)               
夜景評論家/(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー代表理事
1965年生まれ。92年『東京夜景』上梓。
日本でも唯一無比の夜景評論家として本格的活動を始め、
「夜景」の美しさを景観学、色彩心理学などをベースに評論するほか、
民俗学、美術史、経済学、文学から宿泊、飲食、その他サービス業まで、
他ジャンルとの関連から夜景の本質を浮き彫りにする独自の「夜景学」の構築に取り組んでいる。
執筆活動のほか、ホテルプラン、店舗プロデュース、不動産コンサルティング、雑誌、TV、ラジオ、
講演、インターネット等で活躍中。夜景に関する著書は30冊以上。
近著に「絶対に見たい!美しい世界の夜景」(宝島社)「夜景手帳」、(光村推古書院)などがある。
神戸市、横浜市、長崎市、川崎市、周南市夜景観光アドバイザー、横浜夜景ミュージアム館長を歴任。
夜景検定(夜景鑑賞士検定)総監修。東京ドイツ村・奧日光湯元温泉冬まつり、周南冬のツリーまつり等の
大規模イルミネーションのプロデュースも手がけ、全て前年比200~300%アップの集客に成功している。
受賞歴:かながわ観光大賞等

D-K(デジタル掛け軸)アーティスト
長谷川章氏 プロフィール
1995年、日本人の持つ無常の精神からDK(デジタル掛け軸)を発明。
以後、DKを通じて、魂の死滅しかけた現代社会へ、スピリットの在処[ありか]を問う。
国内の有数の名城をはじめ伊勢神宮宇治橋、ギリシア・アクロポリス、上海国際芸術祭、
サンノゼZEROONE2006アートフェスティバル、国連ビル等、世界90に及ぶ場で、DK-デジタル掛け軸を献じる。
2003年、ARTIS誌(アムステルダム)に特集として紹介され、単体としてのアートを超えたサイエンスアート
「量子芸術」と名づけられた2007年、アメリカパブリックアート2007のベストアーティストに選出され、
同年、日本の高校の教科書「情報C」に紹介される。

ライティングショー演出
カラーキネティクス・ジャパン株式会社
2001年4月に東京で設立。「LEDデジタルライティング」を得意とし、
日本各地の建築やインテリア、テレビ、コンサート、アート作品などに製品と技術を提供している。
フィリップス・カラーキネティクス社(アメリカ)の製品を日本全国に提供することを事業の中心としつつ、
照明演出に関わるデザインのサポートや、映像、音響、噴水といった他の演出装置との連携など、幅広い活動を展開。


<イベントに関するお問い合わせ>
足利商工会議所
電話:0284-21-1354

<御取材&御掲載のお問い合わせ>
(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー
03-6204-0115(代表)
MAIL: marumaru@superyakei.com

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング