AITalk(R)とCBAの一斉同報システム『コーラス-Chorus-』が連携

DreamNews / 2014年7月7日 15時0分

株式会社エーアイは、 2014年6月、株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニューの一斉同報クラウドサービス「コーラス-Chorus-」とAITalk(R)WebAPIが連携したことをお知らせいたします。

株式会社エーアイ(本社:東京都文京区、代表取締役:吉田 大介、以下エーアイ)は、 2014年6月、株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー(本社:神奈川県横須賀市、代表取締役:柴山 浩、以下CBA)の一斉同報クラウドサービス「コーラス-Chorus-」とAITalk(R)WebAPIが連携したことをお知らせいたします。

コーラスは、連絡先グループに対して電話とメールでの一斉同報を実施するクラウドサービスです。
この度、エーアイのAITalk(R)WebAPIと連携することで、送信したいメッセージを設定すると、電話発信し、AITalk(R)の合成音声で設定したメッセージをお知らせいたします。
また電話と同時にテキストメールも送信いたします。

<AITalk(R)WebAPIとは>
「AITalk(R)WebAPI」は、WEBサービス等から音声合成エンジンをSaaS型で利用できるサービスです。自社で音声合成用Serverを構築する手間が省けるため、Webサービスや、スマートフォンアプリケーション、ソーシャルゲーム等、様々なサービスで、手軽に音声合成を利用したサービスを開始する事ができます。

<コーラス-Chorus-とは>
テキストメッセージを音声に変換して複数の電話番号へ一斉に伝えることができる「コーラス」。その名は、合唱の「コーラス(Chorus)」と、英語で「お電話ください」を意味する「コールアス(CallUs)」の二つの表現に由来しています。
コーラスは、連絡先グループに対して電話とメールでの一斉同報を実施します。 送信したいメッセージを設定すると、そのメッセージを元に、テキストを音声に変換する音声合成システム(TTS)が音声化し電話発信します。同時に、テキストメールを送信します。

特長は、一斉電話発信の設定をメールだけで行えることです。メール本文に連絡したいグループとメッセージを記載し、コーラスのメールアドレスに送信すると、コーラスは自動的にメッセージを音声化し、連絡したいグループに一斉同報します。ですから、PCを開けられないような状況でも、スマホや携帯電話でメールを送信できるなら、一斉電話連絡が可能です。
また、障害発生時にシステムからコーラスにメール送信するように設定しておけば、障害発生時には自動的にコーラスから緊急電話連絡ができます。

●コーラス-Chorus-詳細サイト
http://cba-japan.com/chorus.html

<音声合成AITalk(R)とは>
AITalk(R)は、コーパスベース音声合成方式を採用し、より人間らしく自然な音声で、自由に音声合成をすることができる音声合成エンジンです。
●3つの特徴
(1)人間の声に近い自然な音声
(2)20分~5時間程度の録音で、誰の声でもオリジナルの音声辞書を作成することが可能
※1:プランにより収録文章数が異なり、また個人によって読上げスピードや読み間違い等があるため、収録時間に差があります。
※2:一般的に収録文章数が多いほど音質は向上します。ご用途によって最適な収録数・音声辞書作成方法をご提案いたします。
(3)豊富な話者のラインナップ

【株式会社エーアイ 会社概要】
ホームページURL:http://www.ai-j.jp
本社:東京都文京区本郷1-28-10 本郷TKビル5階
設立:2003年4月
事業内容:音声合成エンジンおよび関連するソリューションの提供

■本リリースに関するお問い合わせ
株式会社エーアイ 担当:藤本
Email:info@ai-j.jp 電話番号:03-6801-8461

■コーラス-Chorus-に関するお問い合わせ
株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー
お問い合わせフォーム: http://cba-japan.com/contactus.html
電話番号:046-8213362

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング