【ヘビーリーディング社発表】ケーブルとOTT:ウエディングベルは聞けるだろうか?

DreamNews / 2014年7月9日 16時30分

ヘビーリーディング社は、調査レポート「ケーブルとOTT:統合による新たなビジネスチャンス-「Cable Industry Insider」(Vol.9, No.2)」のプレスリリースにおいて、OTTのビデオ配信サービスやデバイスは従来型のメディアを崩壊させたものの、かつては闘争的な姿勢であったケーブル事業者とOTT事業者の両者は協働を進めながら転換を図ろうとしている、との調査結果を発表しました。

◆プレスリリース本文
ケーブルとOTT:ウエディングベルは聞けるだろうか?

2014年7月3日


OTT(オーバー・ザ・トップ)のビデオ配信サービスやデバイスが消費者を魅了し始めているが、これらは従来型のメディアを崩壊させ、ケーブル事業者やその他のテレビ事業者によって打ち立てられた長年の帝国を打倒する構えをみせる野蛮な来訪者のようだ。

崩壊は現実のものとなったが、かつては闘争的な姿勢であったケーブル事業者とOTT事業者の両者が、お互いの強みを利用することが有益であると認識し、今ではユニークなねじれを見せている。

米国調査会社ヘビーリーディング社の調査レポート「ケーブルとOTT:統合による新たなビジネスチャンス - ヘビーリーディング社の年間購読サービス「Cable Industry Insider」(Vol. 9, No. 2)」は、最近ではケーブルMSOとOTTプロバイダとが、様々な方法において協働していると伝えている。この調査レポートは、ケーブルとOTTとの収束について解説し、ケーブルとOTTの統合をサポートするソフトウェアソリューションを提供するサプライヤ10社の概要を記載している。

ケーブルテレビの契約解除や、競合するOTTからの脅威は消えることはないが、MSOは、OTTの配信サービスのパートナーとなり、OTTデバイスプラットフォームを活用し、自社の顧客サービスへOTTアプリを採用する、といった戦略を推し進めている。ケーブル事業者は、よりブロードバンド中心のサービスプロバイダとなるため、OTTとの協働を進めながら転換を図ろうとしている。

MSOとOTTプロバイダの間において、お互いのプラットフォームへそれぞれのアプリケーションの採用を始めたことから、両者間の緊張緩和を最も顕著に見ることができるであろう。最近、Netflix社は、Suddenlink Communications社やその他の小規模な事業者らとの間で、MSO製のTiVoセットトップボックス(STB)によって、Netflix社のサービスを配信できるという取引を開始した。Time Warner Cable社の加入者においては、RokuやXbox 360のMSO製のアプリケーションによってケーブルTVを視聴することができたり、IPベースのFan TV box を99ドルで購入することで、ケーブル回線と Verizon社、Crackle社、 Target Ticket社やRhapsody社によるRedbox Instantを含んだOTTサービスを受けることができる。

ケーブル事業者らは、ブロードバンド速度を向上させ、IPビデオの配信技術の最適化を図っており、そういった性能はOTT事業者らにとってますます魅力を持つものとなっていると、ヘビーリーディング社は伝えている。Comcast社が最近Netflix社と取り交わした相合接続の取り引きについては、MSOがOTTビデオをバックホール、ユーザーへそれを直接的に配信する方法の最初の例と言えるだろう。

3月に行われたLight Reading社(ヘビーリーディング社の関連会社)の「ケーブルの次世代技術&戦略会議」の中でWideOpenWest社、住居製品マネジメントディレクタのJohn Childress氏は、ケーブル事業者のOTT事業者に対する新たな姿勢を例示した。Childress氏は、ユーザーが様々なデバイスを通じて、リニアサービス、ビデオオンデマンド (VoD)、デジタルビデオレコーダ (DVR)、OTTコンテンツに容易にアクセスを集約できるという形の提唱を行った。「我々はOTTと対抗するのか、それとも協働するのか? 我々にとって大切なのは、OTTをいかに受け入れるか、そしてその経験をリニアサービスやVoDサービスへ取り込んでいくかである」と語る。

この調査レポートは、ケーブル事業者およびOTT事業者が、コンテンツ管理、顧客認証、収益化などの、この急成長をとげる協働業務を作り上げていくために、克服しなければならない主要な課題について解説している。ケーブルテレビエブリウェアのイニシアチブを改善する新たな取り組みが、より多くのOTTアプリケーションをケーブル事業へ統合させていくサポートとなるであろうと、この調査レポートは伝えている。

最終的にユーザーにとって最も望ましいのは、自分の好きなTV番組やOTTコンテンツをシームレスに探し、アクセスすることができるように、利用経験が集結されるということであろう。その結果、将来のブロードバンド市場ではコンテンツアクセスやユーザーの操作経験へ集約、統合、簡素化をもたらすことのできるサービスプロバイダが勝者となるであろうと、この調査レポートは伝えている。

ウエディングベルが聞こえる時は来るであろうか?



◆このレポートについて
ケーブルとOTT:統合による新たなビジネスチャンス 
- ヘビーリーディング社の年間購読サービス「Cable Industry Insider」(Vol. 9, No. 2)
Cable & OTT: New Opportunities for Convergence
Cable Industry Insider - Vol. 9, No. 2
http://www.dri.co.jp/auto/report/hr/hrcii0614.html

◆市場調査会社 ヘビーリーディング社(Heavy Reading)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/hr/index.html

株式会社データリソースはヘビーリーディング社の日本販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース (ヘビーリーディング社 日本販売代理店)
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
http://www.dri.co.jp
Eメール:office@dri.co.jp

データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/melmag/backnumber.php

メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/free_appl.php

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング