【矢野経済研究所調査結果サマリー】歯科用機器・材料市場に関する調査結果 2014 ~歯科用CAD/CAM 装置が導入拡大、歯科向け滅菌装置も増加の見込み~

DreamNews / 2014年7月17日 13時0分

写真

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の歯科用機器・材料市場の調査を実施いたしました。

1.調査期間:2014 年3 月~6 月
2.調査対象:歯科用機器、歯科材料、歯科用薬品、予防歯科関連製品、インプラント材料の製造・販売元企業
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用

<歯科用機器・材料市場とは>
本調査における歯科用機器・材料市場とは、歯科用機器(チェアユニット〔診察台〕や歯科用X 線装置、歯科用CT 装置、マイクロスコープ、歯科用レーザー装置、歯科用CAD/CAM 装置、歯科用電子カルテ/医事会計システム等)、歯科材料・金属(レジン材料やボンディング材、金・銀パラジウム合金、セラミックス、石膏、印象材等)、歯科用薬品(局所麻酔剤や歯周療法剤、ホワイトニング材等)、予防歯科関連製品(歯ブラシや歯間ブラシ、歯磨き剤、洗口液等)、歯科用インプラント材料(人工歯根や人工骨等)を対象とし、市場規模を算出した。
但し、歯科向け滅菌装置については市場規模に含まない。また、予防歯科関連製品については、歯科診療所にて主に販売される製品を対象とした。

◆ 2013 年度の歯科用機器・材料市場は、前年度比1.4%増の2,792 億1,800 万円
◆ 歯科用材料市場の動向~歯科分野の金属離れ進む
◆ 歯科インプラント、市場回復への兆し

無断転載禁止

詳細プレスリリースは以下をご参照ください。
■YRIマーケットNow!
http://www.yano.co.jp/press/press.php/001270
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
お問い合わせ
⇒YRIマーケットNow! の内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング