issue+design「COMMUNITY TRAVEL GUIDE」第4弾/結の故郷、越前おおの市民みんなでつくった【大野人(おおのびと)】発売

DreamNews / 2014年7月18日 13時0分

「地域の課題に、市民の創造力を。」をテーマに、地域課題をデザインの持つ美と共感の力で解決するissue+designは、福井県大野市民が中心となって結成した「大野人編集委員会」とともに、「地域の魅力的な人々に会いに行く」をテーマにした旅のガイドブック「COMMUNITY TRAVEL GUIDE」の第4弾となる【大野人(おおのびと)】を制作し、2014年7月18日(金)から発売開始いたします。

「地域の課題に、市民の創造力を。」をテーマに、地域課題をデザインの持つ美と共感の力で解決するissue+designは、福井県大野市民が中心となって結成した「大野人編集委員会」とともに、「地域の魅力的な人々に会いに行く」をテーマにした旅のガイドブック「COMMUNITY TRAVEL GUIDE」の第4弾となる【大野人(おおのびと)】を制作し、2014年7月18日(金)から発売開始いたします。

●幸せな出会いあふれる街、越前おおのへようこそ

福井県大野市、通称「越前おおの」は、1575年、織田信長より一向一揆討伐の命を受けて進行した金森長近が構えた城、城下町が現在の市街地の起こりの街。

亀山山頂にそびえる天守閣、短冊状の歴史的町並み、寺院が連なる寺町通り、城下町時代から続く七間朝市、歴史遺産を数多く残す「北陸の小京都」です。


●結の故郷・越前おおの市民みんなでつくった「COMMUNITY TRAVEL GUIDE」第4弾【大野人(おおのびと)】

『海士人』『福井人』そして『三陸人』に続く、第4弾となる本書は「越前おおの」の魅力的な人々が主役となった旅のガイドブックです。

今回のガイドブックでは、大野人編集委員会のメンバーを中心として、大野に住む住民が、4回のワークショップを通じて、企画・取材・記事化・コンテンツ制作まで行いました。

ワークショップを通じ、地域の魅力であるローカル線「越美北線」を往復するユニークなツアーのアイディアや、ソウルフードである「里芋」の徹底解剖、「大野流BBQ」の楽しみ方、「軽トラ」を使った大野デート、豪雪地帯・大野の「雪かきレジャー」など、大変ユニークな一冊に仕上がりました。

この地の魅力である、結の精神が根付いた「人々」、この地が育んだ日本有数の美しい、美味しい「水」。
【大野人】で、幸せな出会いあふれる街、「越前おおの」の魅力にぜひ触れてみてください。

▽「大野人」書籍情報(英治出版)
http://www.eijipress.co.jp/book/book.php?epcode=2194

【参考】
「COMMUNITY TRAVEL GUIDE」 ~人々との出会いを楽しむ旅のガイドブック~
http://issueplusdesign.jp/project/CTG/
いままでなかった、人々との出会いを楽しむ旅のガイドブックの登場です。史跡・自然・宿・土産物等を見学・消費するだけではなく、地域の人々との出会いや交流を楽しむ、新しい旅のスタイルを提案します。このガイドブックを通じて、魅力的かつ個性的な生活を送る地域の人々を応援し、地域観光を盛り上げ、ひいては地域経済の活性化を目指します。

Vol.1『海士人(あまじん)』
「ないものはない」―日本中から人が集まる小さな島への旅のガイドブック

流行のモノや娯楽は何もないけれど、自然の恵み、人間関係、ゆったりとした時間など、人が人らしく生きるために大切なものは何でもある島、海士町。魅力的な生き方をする人々の住むこの島に、遊びに行ってみませんか?これまでなかった、人々との出会いを楽しむ旅のガイドブック。

[サイズ]B6 [ページ]112頁 [価格]840円(税込)
[発売日]2012年5月28日
[著者]COMMUNITY TRAVEL GUIDE編集委員会 [出版社]英治出版

Vol.2『福井人(ふくいじん)』 
「福」のあふれる暮らし~福井人自らの手で作った旅のガイドブック

幸福度ランキングで47 都道府県中1 位の福井には(法政大学大学院坂本教授調べ)、個性的で魅力的な生活を送る人々があふれています。企画、取材、撮影、執筆、さらには資金調達まで「福井のためになにかがしたい!」というあつい思いを持ったみなさんと一緒に福井人を制作しました。

[サイズ]B6 [ページ]136頁 [価格]840円(税込)
[発売日]2013年4月9日
[著者]COMMUNITY TRAVEL GUIDE編集委員会 [出版社]英治出版

Vol.03 『三陸人(さんりくじん)』
「復興を頑張る人を応援する旅」━あなたの旅が あなたとの絆が 復興を後押しする

豊かな漁場と美しい景色に恵まれた三陸地方には、自然とともに、先人の知恵を受け継ぎながら、前を向き、ひたむきに生きる人たちがいます。『三陸人』は、ここにいる素敵な人々100人以上の姿を通して三陸の魅力を紹介する観光ガイドブック。豊かな海産、細やかな工芸、味わい深い体験。楽しみながら復興を応援する旅を提案します。

[サイズ]B6 [ページ]192頁 [価格]1260円(税込)
[発売日]2014年2月22日
[著書]COMMUNITYTRAVELGUIDE編集委員会 [出版社]英治出版

■issue+design ( http://issueplusdesign.jp/ )とは

神戸市の震災15年+ユネスコデザイン都市認定記念の市民参加型ソーシャルデザインプロジェクトです。生活者のみなさんの声を集め、解決すべき社会課題を発見し、デザインコンペで解決アイデアを募ります。本プロジェクトから生まれたいくつものアイデアが実際の社会課題解決のために実現しています。

2010年度に実施した「避難所+design」からは東日本大震災支援ツール「できますゼッケン」が生まれ、気仙沼市、釜石市、石巻市他の被災地で活用いただいています。同じく2010年度に実施した「耐震化+デザイン」からは、神戸の経験や知恵を日本、世界に活かす市民大学「神戸耐震大学」が生まれ、現在、東日本大震災の復興支援の企画を検討しています。

■問い合わせ先
issue+design「大野人プロジェクト」事務局 担当:筧、白木、岡本、川合、小菅
TEL : 03-6441-7752 E-Mail :info@issueplusdesign.jp HP:http://issueplusdesign.jp

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング