【Navigant Research社発表】自動運転車の年間販売台数は2035年までに9500万近くへ到達する

DreamNews / 2014年7月25日 9時0分

Navigant Research社は出版レポート「世界の自律走行車市場の分析と予測」のプレスリリースにおいて、2014年ではゼロである世界での自動運転車の販売台数が、2035年までには9470万台へと成長していくであろうとの、予測結果を発表しました。

◆プレスリリース本文

自動運転車の年間販売台数は2035年までに9500万近くへ到達する
2014年7月16日



法律の制定・規制による問題が市場導入に対する最も困難な障壁となる

自動運転車または自律走行車は長年にわたって自動車エンジニア達が目指してきたゴールである。自動運転車における重大な課題は現在も残るものの、自動走行機能の市場導入をめぐる自動車メーカ間における競争は熾烈だ。この技術は特に大都市における個人の可動性において大きな変化をもたらす将来性が長期的において見込まれている。Navigant Research社の新刊レポートでは2014年ではゼロである世界での自動運転車の販売台数が、2035年までには9470万台へと成長していくであろうと伝えている。

「近年ようやく準自律運転を可能にさせる様々な先進運転支援機能の組み合わせが市場へもたらされた。」とNavigant Research社のシニアリサーチアナリストのDavid Alexander氏は語る。「生産量の増加と技術的進歩によってコスト削減が実現し、それらの機能を実現化させる多重センサの搭載が可能になった。」

構造安定性を確実なものとするための更なる検証は必要であるが、市場への展開の前に立ちはだかる実質的な最大の障壁は技術的な問題ではなく、法的責任、法規制、および法令に関連したものであるとレポートは伝えている。もしも、政府機関が自動運転車の公共道路での使用に関する合法化を積極的に進めていかなければ、自動運転車の普及やそれによる潜在的利益への大きな障害となっていくであろう。

Navigant Research社の調査レポート「世界の自律走行車市場の分析と予測 - Autonomous Vehicles Self-Driving Vehicles, Advanced Driver Assistance Systems, and Autonomous Driving Features: Global Market Analysis and Forecasts」は、準自律運転と自律運転を可能にする先進運転支援システム (ADAS) の新たな世界市場を分析している。自律走行車の利点と普及までの阻害要因について解説し、自律走行車の売上と主要自律走行機能と地域毎と機能毎の関連収益については、2035 年までの予測を行う。また自動運転を可能にするコアとなる運転支援技術の概要と主要企業の詳細な企業情報も掲載している。


◆レポートについて
世界の自律走行車市場の分析と予測:自動運転車、先進運転者支援システム、自律運転の特性
Autonomous Vehicles
Self-Driving Vehicles, Advanced Driver Assistance Systems, and Autonomous Driving Features: Global Market Analysis and Forecasts
http://www.dri.co.jp/auto/report/nvr/nvrasdv.html


◆市場調査会社 Navigant Research社について
http://www.dri.co.jp/auto/report/nvr/index.html

株式会社データリソースはNavigant Research社の日本販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

Navigant Research社日本販売代理店

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
http://www.dri.co.jp
Eメール:office@dri.co.jp

データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/melmag/backnumber.php

メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/free_appl.php

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング