8月1日は水の日! 「お肌に優しい弱酸性水足水ブース」が国連大学前に登場! ひと涼みして水分補給をしながら水の大切さを考えよう!

DreamNews / 2014年7月30日 15時0分

写真

「熱中症予防声かけプロジェクト」は、2014年8月1日(12時~16時まで)、「国連大学前広場」で開催される「水の日イベント」にて、熱中症予防声かけプロジェクトブースをオープンいたします! ブースには、「お肌に優しい弱酸性水足水」が登場します!

一般社団法人日本エンパワーメントコンソーシアム(本社:東京都渋谷区、代表理事:山下太郎)が総合運営事務局を務める「熱中症予防声かけプロジェクト」は、2014年8月1日(12時~16時まで、開場11時)、「国連大学前広場」で開催される「水の日イベント」にて、本プロジェクト賛同会員である株式会社日本トリム(本社:大阪市北区、代表取締役社長:森澤紳勝)に応援いただき、熱中症予防声かけプロジェクトブースをオープンいたします。
ブースには、「お肌に優しい弱酸性水足水」が登場!参加者の皆様には足水体験していただきながら、日本トリムからご提供いただいた電解水素水でひと涼みをしていただきます。そしてひと涼み体験をしていただいた皆様には、ひと涼みグッズとしてジェルシート(先着200名)と「熱中症予防強化新聞(通称:熱強新聞)」をプレゼントいたします。また限定30名様には、ご自身のお写真の入った熱中症予防声かけプロジェクト特製のフォトスタンドをプレゼント!さらに、ブースにはミストシャワーでひと涼みを演出いたします。こちらのイベントを通して、熱中症予防の大切さと、水の大切さを知って頂きたいと考えております。

※ 熱中症予防強化新聞(通称:熱強新聞)とは、環境省と熱中症予防声かけプロジェクトが熱中症予防を強化しようという意図で作成した、熱中症予防方法や対策方法・熱中症の豆知識・便利アプリの紹介など盛り沢山な新聞です。熱強新聞は、8月末まで毎週発行され、地方自治体や民間団体・企業にも配布されます。
※ 水の日とは、水資源の有限性、水の貴重さ及び水資源開発の重要性について国民の関心を高め、理解を深めるための日本の記念日です。1977年5月31日の閣議了解により水の週間と合わせて定められました。年間を通じて水の使用量が多く、水について関心が高まる8月の初日に設定されています。

【イベント概要】
        日時:平成26年8月1日(金)12時~16時(開場11時)
        場所:国連大学前広場

■ 熱中症予防声かけプロジェクトについて
 「熱中症予防声かけプロジェクト」は、環境省と官民一体で取組む、熱中症予防を目的としたプロジェクト
 です。熱中症についての正しい知識の普及を図るとともに、熱中症予防のための注意事項(熱中症予防5つ
 の声かけ:飲み物を持ち歩こう、温度に気をくばろう、休息をとろう、栄養をとろう、声をかけ合おう)を、  
 共通ロゴマーク等を用いて参加企業、参加自治体等が各々の活動を通じ国民へ声かけを実施するものです。
http://www.hitosuzumi.jp/
※2014年7月30日現在賛同事業所数(自治体等込み)4913ヶ所

■日本トリムについて
日本トリムは、家庭用整水器販売を主軸とした事業を展開しています。同社は水が持つ機能に世界に先駆けて着目し、現在も国内外の研究機関との産学共同研究により整水器から生成される電解水素水の可能性を追求しています。電解水素水を、健康の維持増進、病気の予防から、様々な分野で活躍する「機能水」へと発展させ、電解水素水をベースに世界へ挑戦するオンリーワン企業を目指しています。
※日本トリム公式サイト:http://www.nihon-trim.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
熱中症予防声かけプロジェクト総合運営事務局 担当:水流(つる)
メール:info@hitosuzumi.jp
TEL:03-6450-5502 FAX:03-6418-5912
当日連絡先:水流(つる)080-4794-2152

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング