国際会議 「30th International Ferro-Alloys Conference-第30回 国際フェロアロイ会議」(Metal Bulletin主催)の参加お申込み受付開始

DreamNews / 2014年7月31日 12時0分

写真

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、2014年11月9日~11日 スペイン、バルセロナにて開催 Metal Bulletin主催 国際会議「30th International Ferro-Alloys Conference-第30回 国際フェロアロイ会議」の代理店として参加のお申込み受付を7月31日より開始致しました。

Metal Bulletin Eventsとともに、業界最大級の会議の30回目となる開催を祝しましょう。この重要な機会のために、10以上のレセプションを開いてたっぷりと人脈構築の機会を提供するなど、皆さんが毎年恒例のこの会議を有効活用するための工夫を凝らしました。アクセスしやすい会議室、大ロビー、および会議ホールにより、参加者は持てる時間を、豊富な人脈構築区域と会議スペースとの間で簡単かつ戦略的に区切ることができます。Rey Juan Carlosホテルは自由に使えるようになっており、参加者はクライアントとの会合から、経営幹部級の講演者によるパネルディスカッションの聴講、IFAの30周年パーティーへの参加に至るまで、バルセロナに滞在する期間を最大限に活用することができます。

取り上げる予定のトピックの一部::

●鉄鋼市場においてはさらなる再編が進むのか?M&Aおよびマクロ経済動向は、アロイ(合金)原料市場にどのような影響を及ぼしうるのか?
●主要な鉄鋼生産地域の動向と見通し:中国、米国、欧州、および新興市場
●インドネシアの非選鉱原料の輸出禁止に伴い、われわれは依然としてニッケルの安定供給確保に苦慮しているのか?新たなプロジェクトおよび生産規模の拡大は、どのようにこれらの供給上の不安の解消に貢献するのか?
●南アフリカはいかにして自国におけるエネルギー危機に対応しているのか?クロム鉄鋼採鉱者は今後何らかの安堵が得られるのか?業界は、長期的には助けとなり得る法案について、それが時間をかけて可決され施行されるのを、辛抱強く耐え抜いていく必要があるのか?南アフリカおよびその他地域の双方における、クロムを含む鉱石およびフェロクロムの先行きは?

株式会社グローバル インフォメーションでは、皆様の利便性を図る為に、日本語、韓国語、中国語で「30th International Ferro-Alloys Conference-第30回国際フェロアロイ会議」の情報を提供するとともに、会議の参加のお申し込みを承っております。

会議:「30th International Ferro-Alloys Conference-第30回国際フェロアロイ会議」
開催日:2014年11月9日~11日
開催地:スペイン、バルセロナ:Hotel Rey Juan Carlos, Barcelona
日本語公式サイト:http://www.giievent.jp/mbc298552/

≪本件に関するお問合せ先≫
Metal Bulletin代理店
株式会社グローバル インフォメーション
〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3
アーシスビル 7階
電話: 044-952-0102
FAX: 044-952-0109
E-mail: conference@gii.co.jp

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング