大型化するリビングルームを快適なシアタールームにする、高輝度5200lmフルHD3D対応ホームシアタープロジェクター、オプトマEH503オーエスプラスeより新登場!!

DreamNews / 2014年8月6日 10時30分

写真

株式会社オーエスプラスeは、DLP方式のフルハイビジョン3D対応プロジェクター、オプトマEH503を8月18日(月)より新発売いたします。ホームシアタープロジェクターとしては圧倒的な高輝度5200lmを誇り、大型化するリビングダイニング(LD)の完全遮光が困難な環境でもクリアな映像を実現し、LDをシアタールームに変身させます。またEH503は、短焦点・標準・長焦点の3種のレンズからの選択式です。

株式会社オーエスプラスe(本社:東京、代表:奥村正之)は、DLP方式のホームユースプロジェクター、オプトマEH503を、8月18日(月)より新発売いたします。EH503は、1920×1200ピクセルのフルハイビジョン3D対応プロジェクターです。ホームシアター向けプロジェクターとしては圧倒的な高輝度5200lmを誇り、オープンキッチンの採用が進み、ますます大型化するリビングダイニング(LD)の完全遮光ができない環境においてもクリアーな映像を実現し、LDをシアタールームに変身させます。
リビングシアターにおける様々な設置条件を考慮して、オーエスプラスeではレンズ選択式と言うユニークな販売方式を採用いたしました。天井への設置、壁面や棚への設置など、「短焦点」「標準」「長焦点」の3種のレンズをお選びいただく事により、ユーザーの最も理想的な設置位置を実現しようという取り組みです。
EH503の3Dは、眼鏡に同期信号を送る発信器(エミッター)が不要です。その理由はDLP Link方式の採用です。左目用と右目用の画像を交互に投影しながら、その画像の間に3D信号を挟みアクティブグラス(3D眼鏡)と通信するという独創的な方法です。またDLP Linkは、クロストークと呼ばれる左右画像の重なりによる、ゴーストのような現象もほとんど感じない明るい映像が得られます。
映像を更に繊細に、鮮明に再現する、マルチカラープロセッシングが備わったBrilliant Colorテクノロジー、5200lmの明るさ、映画館のデジタルシネマで映像のすばらしさが定評のDLP方式。そして3種のレンズが、快適なリビングシアターを実現します。

商品名:オプトマ フルハイビジョンDLPプロジェクター EH503/EH503S1
希望小売価格:オープン
市場想定価格/本体:35万円前後(消費税別)※本体にレンズは付属しておりません。
           標準レンズ:4万円前後(消費税別)
           短焦点レンズ:12万円前後(消費税別)
           長焦点レンズ:9万円前後(消費税別)
発売予定日:2014年8月18日(月)出荷開始
ホームページ:http://www.optoma.jp
     http://jp.os-worldwide.com/os_plus_e/
■EH503の主な特長
・ホームシアタープロジェクターとして圧倒的な高輝度5200ルーメン
・フルハイビジョン(1920×1080P)DLP方式、3D対応 
・Brilliant Colorテクノロジー採用
・フルレンズシフト搭載(水平最大左右各5%、垂直最大上60%下20%)
・インストールの柔軟性を可能にする焦点距離の異なる3種のレンズ選択式
・LANサポート
■EH503の専用レンズの概要
短焦点レンズ
型式:BX-DL080 外形寸法:直径88× 奥行き118mm、質量0.5kg、F=2.5、f=11.5mm、固定焦点、投写距離比0.77:1
標準レンズ
型式:BX-DL200、外形寸法:直径88×奥行き130mm(テレ端)、質量0.5kg、F=2.46~2.56、f=22.8~28.5mm、1.25倍マニュアルズーム、投写距離比1.54~1.93:1
長焦点レンズ
型式:BX-DL300、外形寸法:直径88× 奥行き130mm(テレ端)、質量0.5kg、F=2.5~3.1、f=28.5~42.75mm、1.5倍マニュアルズーム、投写距離比1.93~2.89:1

■優れた3D再生を可能にするDLP Link(EH503S1には3D眼鏡標準装備)
外付けエミッター(発振器)不要
超高速イメージングチップDLPは、交互に二つの画面(右目用、左目用)を投写します。そして画像のフレームとフレームの間に、アクティブグラスへの追加信号を送り出し、奥行のある3D映像を結像します。一般の3Dプロジェクターは、エミッターと言われる眼鏡への発信器が必要ですが、EH503/EH503S1は外付けエミッターが不要で、セッティングの煩わしさも、エミッターコストも無用になります。
自由な視聴位置
一般的に3Dに使用される赤外線エミッターは、なるべく画面センターに位置する事が好ましいなど、視聴ポジションに制約があり、また頭を動かす事も同期に影響がある場合があります。EH503/EH503S1は3Dアクティブグラスへのシャッター切替信号を送出する際に、DLP Linkを採用し映像そのものに信号を付加し発信するため、赤外線方式や電波方式と異なり、視聴ポジションの制約を受けることが少なくなります。
クロストークを感じない滑らかな映像
クロストークとは3D映像を見る際に、両目の映像を交互に高速で画面に映し出すため、瞬間的に残像のように二重映像に見えることを言います。フレームの間に信号を送り出すDLP Link独自の方法は、クロストーク発生を低減させる効果があります。 
Brilliant Color
ブリリアント・カラー・テクノロジーは新しい色彩処理アルゴリズム、およびシステム・レベルのカラー信号画質向上処理を使用し、より優れた色彩を提供しながら、さらに高い輝度の画像を実現します。

■EH503の主な仕様
型式: EH503(EH503S1は3Dアクティブグラス付き)   
希望小売価格(税別): オープン(本体のみ、市場想定価格:35万円前後)
本体カラー: マットホワイト
投写方式: 単板DLPTM方式
表示素子※1: 0.65型DC3 DMDパネル(1920×1200)
アスペクト比※2: 16:9/16:10 
明るさ(輝度): 5200ルーメン
コントラスト: 2000:1
投写レンズ: 3種(短焦点、標準、長焦点)のレンズ(別売)から選択式
使用ランプ: 370Wランプ(ユーザー交換可能)
ランプ寿命: 1500時間(ブライトモード)/3500時間(ノーマルモード)
投写距離(16:9): 
・短焦点レンズ: 最短(0.5m 、28型)~最長(2.9m、170型)
・標準レンズ: 最短(1.2m 、34.2型)~最長(8.6m、 200型)
・長焦点レンズ:  最短(1.3m、31型)~最長(30.1m、470型)
レンズシフト: マニュアル、水平最大左右各5%、垂直最大上60%下20%(FHD時)
キーストン補正: ±40%(垂直)
ビデオ対応信号: NTSC、PAL、SECAM、SDTV (480i/576i)、EDTV (480p/576p)、HDTV (720p, 1080i/p)
コンピューター信号: WUXGA、UXGA、SXGA+、SXGA、WXGA、XGA、SVGA、VGA Compression、VESA standards; PC & Macintosh compatible
入力端子: HDMI×1、DVI-D×1、ディスプレイポート×1、VGA(YPbPr/オーディオ3.5mmジャック)×2、BNC(RGBHV)×1、コンポーネント(YPbPr+RCA)×1、 Sビデオ×1、コンポジット×1、RCAオーディオ×1
出力端子: VGA(YPbPr/オーディオ3.5mmジャック×1、3Dシンクロ×1、USB電源(1.5W)×1、トリガー(12V)×1、コントロール端子:RS-232C×1、RJ45×1 、有線リモコン×1、USBポート(メーカーメンテナンス用)×1
スピーカー: 3W×2(ステレオ)
騒音値: 37 dB (ノーマルモード)
電源: AC 100V~240V ; 50/60 Hz
消費電力: 480W(フ゛ライトモート゛)/ 330W(ノーマルモード)
待機電力: 10W(スタンバイモード)/ 0.5W以下(エコモード)
外形寸法(突起部含まず): 431(W)×182(H) ×340(D)mm
製品質量: 8.6kg
3D対応信号: Video:480i & HDMI 1.4b Blu-ray 3D、Computer:1280×720/1024×768/800×600
付属品(EH503、EH503S1共通): 電源コード、VGAケーブル、リモートコントローラー、レンズキャップ、単4電池2本、取扱説明書、保証書、クイックスタートガイド
※記載されている商品名・社名は各社の商標または登録商標です。
オプトマ社 Optoma corporation  概要 
1992年創業。高品質な光学機器メーカーとして、欧米でOEMをはじめとした大きな実績を上げ、1999年には米TI社が開発したDLPテクノロジーを採用、世界で初めて重量5kgを切るDLPプロジェクターを開発。DLPプロジェクターにおいて、世界トップクラスのシェアを確立。2008年12月発表のPK101は大きな話題を呼び、ポケットプロジェクターという新しい市場を開拓。HDシリーズは、ホームシアター向けとしての映像作りに高い評価を得ている。

■お問合せ先各 地区販売代理店または下記にお問合せください。
株式会社オーエスプラスe   コンタクトセンター
東京都足立区綾瀬3-25-18
TEL.0120-380-495 FAX.0120-380-496 E-mail e-info@os.worldwide.com
※接続できない場合には、次の番号をご利用ください。TEL.03-3629-5211 FAX.03-3629-5214
■広報お問合せ先・ニュース発信者
株式会社オーエス  マーケティングチーム  藤枝 昭
東京都足立区綾瀬3-25-18
TEL.03-3629-5356 FAX.03-5697-0990 E-mail:a.fujieda@os-worldwide.com
■株式会社オーエスプラスe 会社概要
名称:株式会社オーエスプラスe 
本社:東京都足立区綾瀬3-25-18  http://jp.os-worldwide.com/os_plus_e/
創業:2000年10月
資本金:1000万円
代表者:代表取締役 奥村正之
事業内容:
2000年10月12日創業以来、日本市場に「家庭で映画を」と言う、ホームシアター文化を提案・構築。社名変更を機に、ホームシアターに留まらず、更に映像文化に関する幅広い取り組みを推進し、業績拡大を目指す。オーエスグループの中でも、最もエンドユーザーに近い企業として、グループ全体のスローガンである「キモチをカタチに」の実現を目指す。

■株式会社オーエスプラスe関連企業
株式会社オーエス   本社:大阪市西成区    http://jp.os-worldwide.com/
株式会社オーエスエム 本社:兵庫県宍粟市    http://jp.os-worldwide.com/osm/
株式会社オーエス沖縄黒板 本社:沖縄県中頭郡  http://jp.os-worldwide.com/osb/
株式会社次世代商品開発研究所本社:大阪市西成区 http://jp.os-worldwide.com/njmc/
OSI CO., LTD.(Hong Kong)           http://hk.os-worldwide.com/
喜摩租賃(北京)有限公司:中華人民共和国     http://www.cima-net.cn/

■日本総販売代理店
OPTOMA社(台湾)/ 世界初のポケットプロジェクターを発表したDLPプロジェクターメーカー
Vogel’s社(オランダ)/フラットディスプレイなどのスタイリッシュハンガーメーカー
SCREEN RESEARCH(イタリア)/ THX、ISF公認のサウンドスクリーンメーカー
AV Stumpfl(オーストラリア)/画像処理技術で世界的に定評あるメーカー
EASTONE社(日本)/国産唯一のTHX認定スクリーン、ecoスクリーンを開発する国内メーカー

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング