新情報サイト開設!住まいの暑さ対策と省エネ住宅購入ポイント公開中

DreamNews / 2014年8月6日 14時0分

写真

建物のスペシャリストであるホームインスペクターが「住まいの暑さ対策と省エネ住宅購入ポイント」をまとめました。本日より特設情報サイトがオープン!暑い夏を乗り切るための情報が満載です。 http://www.sakura-his.com/?p=3575

冷夏と予想されていた夏ですが、8月に入り猛暑日が続いています。

室内ではクーラーが欠かせない状況ですが、今年は電気代の値上がり、消費増税と家計は厳しくなるばかり。そんな暑い夏をできるだけ省エネで快適に乗り切るための住まいのポイントとしては、自宅でできる対策と、暑くなりにくい住まいを選ぶことがあげられます。

そこで業界初の個人向け不動産コンサルティング・ホームインスペクション(住宅診断)を提供している “不動産の達人 株式会社さくら事務所”(東京都渋谷区/代表:大西倫加)では、建物のスペシャリストであるホームインスペクターが「住まいの暑さ対策と省エネ住宅購入ポイント」を下記の通りまとめました。

今すぐできる“家の暑さを少しでもやわらげ快適にするための工夫”と、購入段階と施工中にチェックしておきたい“暑くなりにくい家を買うためのポイント”、そして暑さと日差しで負担がかかっている住まいの“夏が終わったらチェックしたい劣化”について解説。

下記は、ポイントを抜粋しています!




ホームインスペクター(住宅診断士)が伝授
住まいの暑さ対策と省エネ住宅購入ポイント~抜粋~


●今すぐ簡単にできる!『自宅の暑さ対策』
・ガラスに「遮熱フィルム」を貼る
遮熱フィルムとは、太陽光線のうち「熱」の原因である“赤外線”を遮るフィルムのこと。夏は外からの赤外線を遮り、冬は室内の暖気をフィルムが反射し熱効率を高めるとされるものを貼ります。紫外線をカットする商品もあり、居住者だけでなく家具の日焼け対策にも。水でガラスに張り付けるため騒音の心配もなく、比較的短時間で施工できます。


●“暑くても快適”な家を買うためのポイント
・省エネ性能の概要をチェックするポイント
暑さを和らげるのに効果的な仕様について確認します。例えば、外に面する壁や屋根、床面などに“断熱材”を施したり、
断熱性が高い窓(サッシ+ガラス)を使用しているかチェック。

・きちんと施工されているか?
設計図には様々な断熱対策が書かれていても、実際の建物で施工されていなければ効果はありません。
一戸建ては仕様通りの断熱施工が行われるようになっているか、施工中・完成後に確認するとよいでしょう。


●夏が終わったらチェックしたい劣化
・外壁のひび割れが増えていませんか?
気温変化が大きい夏は建材の伸び縮みが盛んな時期で、ひび割れも生じやすいもの。
気温が落ち着く秋ごろに0.5mm幅以上の大きなひび割れや複数個所のひび割れがないかを確認しましょう。
大きなひび割れが出ている場合は放置しすぎると雨漏りや建物の劣化を早める原因にもなりかねません。
その他、詳細は特設情報サイトをご確認ください。
⇒ http://www.sakura-his.com/?p=3575
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

   ■不動産の達人 株式会社さくら事務所■ (東京都渋谷区/代表取締役社長:大西倫加) 
  http://sakurajimusyo.com/ 
株式会社さくら事務所は「人と不動産のより幸せな関係を追求し、豊かで美しい社会を次世代に手渡すこと」を理念として活動する、業界初の個人向け不動産コンサルティング会社です。1999年、不動産コンサルタント長嶋修が設立しました。
第三者性を堅持した住生活エージェント企業といった立場から、利害にとらわれない住宅診断(ホームインスペクション)や、
不動産購入に関するさまざまなアドバイスを行なう「不動産の達人サービス」を提供、約28000組超の実績を持っています。

本件に関するお問い合わせは、下記までご連絡ください。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
株式会社さくら事務所
東京都渋谷区桜丘町29-24 桜丘リージェンシー101
http://sakurajimusyo.com/
TEL:03-6455-0011 FAX 03-6455-0022
広報室:秋吉・安田 メール:press@sakurajimusyo.com
____________________________






プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング