【Machina Research発表】モノのインターネットの台頭に規格は必須

DreamNews / 2014年8月7日 17時0分

Machina Researchは出版レポート「モノのインターネットの規格 - Strategy Report - Standards for the Internet of Things」のプレスリリースにおいて、IoTのワイヤレス標準においては、異なる状況に対応することのできる技術が必要となることから独占的な‘勝者’のいない多様性が必要となる、との調査結果を発表しました。

◆プレスリリース本文
モノのインターネットの台頭に規格は必須

2014年7月31日
Machina Research社の新刊レポートはHyperCat、OMA、LightweightM2M、OneM2MおよびWeightlessといった取り組みを含むIoTの規格における多様性、重要性および影響力について調査を行っている。

Machina Research社の調査レポート「モノのインターネットの規格 - Strategy Report - Standards for the Internet of Things」ではモノのインターネットの通信、接続性、ネットワーキング、サービスレイヤー、データ抽象化、発見可能性についての既存および新規の規格について調査を行っている。以下がその主な調査内容である:



● 現在、IoTでは専用規格とオープン規格とが混在している状況であるが、Machina Research社ではオープン規格が一般的に主力となっていくと見込んでいる。
● 現在IoTの成長は多数の競合技術やプラットフォームの存在によって遅れており、‘Subnets of Things’に代わってモノのインターネットが進出していくためには少数に限定された接続性への先進ソリューションやサービスレイヤの導入が必要である。
● IoTのワイヤレス標準においては、異なる状況に対応することのできる技術が必要となることから独占的な‘勝者’のいない多様性が必要となる。
● OneM2Mはマルチプルな通信ネットワークにおけるインターフェースを担う参照フレームとなることが事実上課せられており、規格開発機関(SDOs) における暗黙の官僚的な役割を持つことでそれを先延ばしにすることはない。
● 規格についての議論はデータの抽象化、方法論、発見可能性の方向へと進展し続けていく。OMAではLightweightM2Mプロトコルやエクリプス財団 (Eclipse Foundation) 、 HyperCat、AllJoynによってこれらの作業を行っていることから明らかに見ることができる。
● 規格化には時間を要する。近い将来、データ共有者あるいはデータ所有者の共同利害の周辺を統合する‘Subnets of Things’によって独占されるとみている。



レポート著者のWilliam Webb氏が調査内容について論評し「現在、モノのインターネットと呼ばれるものは多くの垂直および水平サイロにおいてオープン規格と専用規格との一貫性のない状態にある。‘サイロのインターネット’から‘モノのインターネット’へと移行していくために現実的に必要なのは規格化である。少数に限定されたローカルおよび広域における接続性に対する先進ソリューションの導入やサービスレイヤーやアプリケーションレイヤーによってアプリケーションの展開をシンプルにしていき、産業の世界規格を少数へと合体化させていくことが必要とされている。」と語る。

Machina Research社のディレクターMatt Hatton氏は「規格についての状況の複雑さをひも解いていくことは我々のクライアントにとって重要なことであり、重要な展開すべてを見据えながら広範な調査において協力をしていくことができるのを喜ばしく思う。」と語る。

調査については「モノのインターネットの規格化を展開することは、それが持つ壮大なポテンシャルへ到達するために明らかに重要なことである。現在におけるモノのインターネットは本当の意味で‘インターネット’という名前を有するに値しておらず、我々がM2Mと呼んできたものを本当の‘モノのインターネット’へと展開していくためには高精度な規格化が絶対的に必要である。」と語る。

レポートについて
Machina Research社の調査レポート「モノのインターネットの規格 - Strategy Report - Standards for the Internet of Things」は、新たなモノのインターネットの今後を方向付ける既存および新規の規格を詳細に分析している。通信、接続性、ネットワーキング、サービスレイヤー、データ抽象化、発見可能性など、様々な関連規格についても調査を行っている。数十年に経ったものが大半だが、新しいものも含まれている。自動車やコネクテッドビルディングといった特定の垂直市場に関連した規格についても調査を行っている。また、様々な規格開発機関における議論に加えIPの重要性、異なる無線通信アーキテクチャにおける優劣やTVのホワイトスペース といった問題への見解も掲載している。

本レポートで取り上げている規格および規格化における取り組みには以下が含まれている。:

6LowPAN、AllJoyn、BACnet、Bluetooth (Bluetooth Low Energyを含む)、セルラー (GSM/GPRS、W-CDMA、LTEを含む)、CoAP、Continua Health Alliance、DECT ULE、Eclipse Foundation、EnOcean、FI-WARE、GENIVI、HyperCat、LonWorks、M-Bus、MirrorLink、MQTT、OMA LightweightM2M、OneM2M、Open Interconnect Consortium (OIC)、REST、Urban OS、Weightless、Wi-Fi、Zigbee (802.15.4)。

本レポートの編集者であるWilliam Webb氏はWeightless SIG社のCEO、独立調査会社Webb Search社のディレクター、IETの次期代表を務める。


◆レポートについて
モノのインターネットの規格
Strategy Report - Standards for the Internet of Things
http://www.dri.co.jp/auto/report/machina/mcnriotsd.html

◆市場調査会社 Machina Researchについて
http://www.dri.co.jp/auto/report/machina/index.html

株式会社データリソースはMachina Researchの日本販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

Machina Research日本販売代理店

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
http://www.dri.co.jp
Eメール:office@dri.co.jp

データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/melmag/backnumber.php

メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/free_appl.php

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング