SRAOSS、PostgreSQL 新バージョン(9.4)の新機能について動作検証を行い、検証レポートを公開

DreamNews / 2014年8月14日 9時0分

SRA OSSは、2014 年リリース予定の PostgreSQL 9.4 の新機能について動作検証を行い、その結果を2014年8月11日に当社Webサイト(http://www.sraoss.co.jp/)にて公開致しました。

SRA OSS, Inc. 日本支社(日本支社:東京都豊島区、取締役支社長:石井 達夫、以下SRA OSS)は、2014 年リリース予定の PostgreSQL 9.4 の新機能について動作検証を行い、その結果を2014年8月11日に当社Webサイト(http://www.sraoss.co.jp/)にて公開致しました。

PostgreSQL 9.4 では、バイナリ JSON データ型や GIN インデックスの性能向上、WAL 書き込みの性能向上、postgresql.conf 設定を変更する ALTER SYSTEM 構文、pg_prewarm 拡張モジュールなど、多くの機能追加や性能改善が行われています。本検証ではそれら新機能の追加に関する検証を、バージョン 9.4 beta 1 を用いて実施しました。
検証レポートの目次は以下の通りです。


検証レポートは、以下のURLからダウンロード可能です。
http://www.sraoss.co.jp/technology/postgresql/9.4/verification_report.php


SRA OSS は、日本で初めて PostgreSQL の商用サービスを開始、24時間365 日対応、10年サポートなど、ミッション・クリティカルの利用に応えうる サービス拡大をしています。
また、PostgreSQL を、 より使いやすく、より安心して運用していただけるように、 当社で最適なコンパイルを行ったバイナリに、 データベース操作ツールやサポートが付属したパッケージ製品をPowerGresとして提供しています。


SRA OSS は、これからもオープンソースソフトウェアを通じて、ITシステムの支援を行って参ります。


(PostgreSQLについて)
PostgreSQLはオープンソースデータベースの代表格として知られ、日本ではWeb システムのバックエンドデータベースを中心として広く普及しているソフトウェア です。SRA OSS は、日本で初めて商用の PostgreSQL サポートを開始したほか、 再帰SQL、マルチバイト対応の実装に対する貢献や、PowerGres で培った Windows 対応技術の提供などを行っています。

(PowerGresについて)
PostgreSQL を、 より使いやすく、より安心して運用していただけるように、 当社で最適なコンパイルを行ったバイナリに、 データベース操作ツールやサポートが付属したパッケージ製品です。

(SRA OSS について)
SRA OSS は、OSS (オープンソースソフトウェア) の普及と発展を目指し、国内独立系 SI ベンダーである 株式会社 SRA の 100% 子会社として設立されました。 本社は米国カリフォルニア州におき、ワールドワイドな OSS ベンダーを目指しています。 日本においては特に PostgreSQL を中心としたOSSのサポート、プロダクト販売、 コンサルティング、トレーニング事業を中心に展開しています。
http://www.sraoss.co.jp/
 
(PostgreSQL/PowerGres サポート&保守サービスについて)
PostgreSQL および利用頻度の高いサードパーティーソフトを対象に、ヘルプデスク(データベース設計、パフォーマンスチューニング含む)、障害対応、情報配信、ナレッジ・データベース提供を提供するトータルサポートサービスです。1999年にサービスを開始し、これまでに約2,000契約のサポート実績がございます。2010年4月からは24時間365日のサポートサービスも実施しています。
http://www.sraoss.co.jp/prod_serv/support/pgsql-mainte.php

(お問合せ)
SRA OSS, Inc. 日本支社 マーケティング部 担当: 稲葉
※プレスリリースに関するお問合せは、以下のURLからお願い致します。
 https://www.sraoss.co.jp/contact.php

※本インフォメーション記載の会社名、製品名は、各社の登録商標または商標で、それぞれの所有者が商標権を保持しています。

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング