「米国ベイエリアレポート ~シリコンバレーにおけるIT産業およびオープンソースムーブメント~」の連載を開始

DreamNews / 2014年8月18日 9時0分

株式会社オープンソース活用研究所は、8月15日(金)に「米国ベイエリアレポート ~シリコンバレーにおけるIT産業およびオープンソースムーブメント~」の連載を開始しました。

株式会社オープンソース活用研究所(本社:東京都新宿区、代表取締役所長:寺田雄一)は、8月15日(金)より、「米国ベイエリアレポート ~シリコンバレーにおけるIT産業およびオープンソースムーブメント~」の連載を開始しました。

Google, Apple, Facebook等、IT業界を牽引するグローバルカンパニーが集積するシリコンバレー。
それら先進企業においても、オープンソースソフトウェアの存在は不可欠なものとなっています。
本連載では、シリコンバレーにおけるIT、オープンソースの動向について、紹介していきます。


今回は、第一回目として、シリコンバレーとコンピューターの進化の歴史について紹介しました。
http://www.ossnews.jp/closeup/articles/?aid=201408-00002


今後は月に1回程度の頻度で、レポートを公開致します。

オープンソース活用研究所は、これからもオープンソースとIT業界の発展のため、活動してまいります。


(OSSNewsとは)
日本で最大級の、オープンソース総合情報サイトです。
http://www.ossnews.jp/


(オープンソース活用研究所について)
我々は、ユーザ企業と、「OSS」「アジャイル的開発」が得意な「中小IT企業・地域のIT企業・海外のIT企業」を直接結ぶことで「多段階の階層構造問題」と「スクラッチ開発偏重問題」を解決します。
また、エンジニアが「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、ユーザ企業から真のパートナーとして求められるIT業界を創ります。
http://osslabo.com/


(本リリースに関するお問合せ)
株式会社オープンソース活用研究所 担当:寺田
http://osslabo.com/contact/6/

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング