ジンコソーラーダウンストリーム太陽光発電所事業がCDB International InvestmentとMacquarieの未公開株式投資を獲得、投資規模が2.25億ドル

DreamNews / 2014年8月18日 18時0分

世界トップクラスのPV企業ジンコソーラー(Jinko Solar)社(NYSE:JKS)本日発表により、CDB International Investment、Macquarie、またNew Horizon Capitalがジンコソーラーのダウンストリーム太陽光発電所業務に合計2.25億ドルの投資を同意した。

上海2014年7月30日-世界トップクラスのPV企業ジンコソーラー(Jinko Solar)社(NYSE:JKS)本日発表により、CDB International Investment、Macquarie、またNew Horizon Capitalがジンコソーラーのダウンストリーム太陽光発電所業務に合計2.25億ドルの投資を同意した。

ジンコソーラーがダウンストリーム太陽光発電所業務の開発と運営をする全資子会社ジンコ電力有限会社は正式的にCDB International Investment、Macquarie、New Horizon Capitalとそれぞれ株式購入契約を結んだ。契約により、CDB International Investment、Macquarie、New Horizon Capitalはジンコ電力に合計2.25億ドルの投資を行う。三方の投資とジンコソーラーの追加出資の後、CDB International Investment、Macquarie、New Horizon Capital三社は合計ジンコ電力の45%株を持つ。本新聞発表日まで、Macquarieの投資が全て完了した。CDB International InvestmentとNew Horizon Capitalは取引条件を満たす後に投資手続きを完了する。三社投資者はプロジェクト融資、プロジェクト開発、プロジェクト運営、グローバルグリーンネットなどの面でジンコ電力の業務発展に役たつと予期している。

“我々はCDB International Investment、Macquarie、New Horizon Capitalがダウンストリーム業務の提携先になるのはとても喜んでいる。プロジェクト資金を持ってき他同時に、ダウンストリーム業務の推進に全般的なサポートしてくれた。我々は彼らが弊社と業務ビジョンへの信頼を感謝する。同時にこういう資源統合に通して、ジンコ電力の業務発展が早くなれ、そしてジンコソーラーの株主に利益を持ち込むと信じている。”ジンコソーラー取締役社長李仙徳が述べた、“中国の太陽光発電所市場が高速に発展し、そして日々成熟してきている。CDB International Investmentの投資は国内資本が太陽光発電所領域の興味と日々増加している進入意向を表した、そして我々もMacquarieのグローバル資源ネットワークを通してグローバル太陽光発電所市場を再一歩開拓すると期待している。今回の融資によってジンコがダウンストリーム業務をスピンオフして上場することのマイルストーンとなる。新しいパートナーによって、我々は2014年ダウンストリーム業務プロジェクト開発指導が400MWから600MW以上に上昇し、年末までもつ発電所規模が800MWを超える。我々は今回によって国内太陽光発電所開発領域のリード位置を固める。”

ジンコソーラー(Jinko Solar)社について
ジンコソーラー株式有限公司(NYSE:JKS)は、世界トップクラスの太陽光発電企業である。生産拠点は江西省上饒市及び浙江省海寧市、グローバル経営販売センターが中国上海市浦東新区に位置している。そのほか、ジンコソーラー社はグローバルマーケティングシステム作りとして、中国・上海、北京、シンガポール、ドイツ・ミュンヘン、米国・サンフランシスコ、オーストラリア・クイーンズランド、カナダ・オンタリオ、イタリア・ボローニャ、スイス・ツーク、日本・東京また南アフリカ・ケープタウンに子会社を設立した。

ジンコソーラー社が高品質のインゴット、ウェーハ、セル、及び高効率単多結晶モジュールを生産しており、2014年3月31日時点で、インゴット、ウェーハ、セル垂直統合生産能力が約2.0ギガワットに達成、モジュール生産能力が約2.1ギガワットに達成した。ジンコソーラー社は常に世界トップクラスの太陽能光発電製品を提供することにこだわっており、マーケティングネットワークは主にヨーロッパ、アメリカ、及びアジア太平洋数国、イタリア、ドイツ、ベルギー、スペイン、アメリカ、カナダ、東欧、オーストラリア、中国、インド、日本及び南アフリカなどの主流PVモジュール市場におる。

【セーフハーバーステートメント】
このプレスリリースには、1933年米国証券法のセクション27A(その改正を含む) 、1934年米国証券取引法のセクション21E(その改正を含む) 、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act)で規定されている、「将来予想に関する記述」が含まれています。将来予想に関する記述には、「予想」、「確信」、「見込み」、「期待」、「将来性」、「意図」、「計画」、「推定」のほか、これらの類義語を用いたものが含まれることがあります。こうした記述は、実際の業績や結果が、この記述と大きく異なる要因が存在するリスクと不確実性があります。これらおよびその他のリスクの詳細については、2012年4月18日(2012年4月19日改正)に証券取引委員会(SEC)に提出した2011年12月31日までの年次報告書フォーム20-FとJinkoSolarのパブリック・ファイリングに含まれています。このプレスリリースに記載のすべての情報は、2013年1月18日現在のものです。法律によって要求される場合を除き、JinkoSolarは、そのような記述を行った日以降に、不測の事態が起こっても、その結果に関わらず、いかなる将来見通しに関する記述を更新したり、公に改訂する義務を負わないものとします。

住所:105-0004東京都 港区 新橋4-21-3 新橋東急ビル
担当者:Sophie Zhai

電子メールアドレス: sophie.zhai@jinkosolar.com
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp


投資、リリースに関するお問い合わせ:
In China:
Sebastian Liu
JinkoSolar Holding Co., Ltd.
Tel: +86 21 6061 1792
Email: pr@jinkosolar.com

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング