【就職活動とうつ病】就職難を脱しても、就活中のうつ病傾向は高い

DreamNews / 2014年8月20日 14時0分

写真

【就職活動とうつ病】就職難を脱しても、就活中のうつ病傾向は高い

~生活向上WEBが「就職活動とうつ病」に関するアンケート調査を2,822名に実施~

ヘルスケアサービスを行う「生活向上WEB」(株式会社クリニカル・トライアル/本社:東京都豊島区/代表取締役:滝澤宏隆)が、就職活動とうつ病に関するアンケート調査を行った。

【調査概要】
(1)調査対象:全国、18歳~45歳の男女 2,822名
(2)調査期間:2014年6月20日~7月28日

■就職活動が原因でうつ病を発症した人の割合

現在就職活動中 7.6%★
1~5年前 3.7%
5~10年前 2.0%
10~15年前 2.3%
15年以上前 2.7%
これから就活を始める 2.8%

画像参照

全世代の集計で、うつ病の原因は「プライベートでの人間関係が原因」との回答が一番多い。
うつ病と回答した人の中で「就職活動がうまくいかないから」と回答した人は全体の9.2%と第4位。
うつ病で現在就職活動中の学生の中で、就職活動がうつ病の原因と回答した人が7.6%と一番高い結果に。

就職難を脱しても、就職活動中にはうつ病の傾向が高まる。どの時代においても、学生から社会人へのステップには負荷を感じている。家庭、企業、学校などのさらなるフォローアップを検討する必要がある。

【CTリサーチ】
第七回 就職難を脱しても、就活生にうつ病増加
http://www.seikatsu-kojo.jp/research/vol7.php

【生活向上WEB】
疾患、服薬データを活用した50万人のヘルスケアリサーチパネルである「生活向上WEB」では、
病気に関する様々なアンケートリサーチを実施しております。
<本件に関するお問い合わせ先はコチラ>
株式会社クリニカル・トライアル 柳橋
e-mail:yanagibashi@clinical-t.com
TEL:03-6869-0021

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング