「夏休み中の子どもの食生活が乱れを感じる」と約過半数が回答

DreamNews / 2014年8月26日 9時0分

写真

子どもの身長、体重、成長に関する情報サイト「スクスクのっぽくん」が、「夏休みの家族の生活リズム」というテーマのもと、会員286名に対し「夏休み中の睡眠」や「食生活」についてのアンケート調査を実施いたしました。

子どもの起床・就寝時間をたずねる項目では、普段と変わらないというご回答が62%あったにも関わらず、「子どもの食生活の乱れを感じるか」という質問には47%、約過半数が「YES」と回答(グラフ参照)。
子どもの生活リズムを乱す大きな要因として、多くの親が夏休み中の食事管理に頭を悩ませている現状が浮き彫りとなりました。

[ 調査データに関するお問い合わせ ]
「スクスクのっぽくん」(有限会社 ルーティ)
〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-3 麻布台第一ビル5F
TEL:03-5545-9214

出典:「スクスクのっぽくん」夏休みの家族の生活リズムに関するデータ2014'
http://www.suku-noppo.jp/data/summer2014


【アンケート回答ユーザー属性】(n=286)

《回答者の年齢》
10代:3%/20代:5%/30~34歳:8%/35~39歳:28%/40~44歳:32%/45~49歳:18%/50~54歳:6%/55~59歳:0%/60歳代:0%/70歳代:0%

《回答者の職業》
正社員・契約社員:27%/パート・アルバイト:28%/専業主婦:45%

《お子様の年齢(複数回答可)》
~2歳まで:13%/3歳~5歳:26%/6歳~9歳:43%/10歳~12歳:40%/13歳~15歳:26%/16歳~18歳:12%

※調査期間 2014年8月6日~8月20日まで

【アンケート結果データ】

■ Q.夏休み中、お子様の食生活の乱れを感じますか?
はい:47%/いいえ:53%
■ Q.(はいと答え方に)あてはまるものにチェックをつけてください。(複数回答可)
3食きちんと食べていない:6%
3食決まった時間に食事が出来ていない:11%
朝寝坊して、朝食を取らない日が多い :3%
夜遅くに、ご飯を食べたり夜食を取ったりする:2%
冷たい飲み物や食べ物を摂りすぎてしまう:21%
栄養バランスが偏っている気がする:19%
お菓子やアイスなど、間食が増えている:23%
甘いジュースや炭酸飲料など清涼飲料水をよく飲んでいる:11%
その他:3%
■ Q.夏休み中の食事で困ることやお悩みはありますか?(複数回答可)
昼食を作るのが大変:24%
献立を考えるのが大変:23%
同じようなメニューをつくってしまう:25%
栄養バランスを考えるのが大変:24%
特にない:4%
その他:1%
■ Q.夏休み中のお子様の昼食はどうされていますか?
自宅でつくっている :59%
お弁当を用意している:22%
外食・お弁当などを購入している:13%
お子様がつくっている:4%
その他:3%
■ Q.家庭でよく作る昼食の献立ランキング
1位 素麺
2位 冷やし中華
3位 焼きそば
4位 チャーハン
5位 カレーライス
6位 オムライス
7位 野菜炒め

また、夏休み中の昼食の献立を考えるときには、喉越しが軽く、なおかつ、野菜がたくさん摂れるということをポイントにあげる回答者が多数。素麺や冷やし中華が人気の理由は、食べやすく野菜のトッピングが自在にできるということに尽きるようです。

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング