TOEFL対策書売上No.1(※1)の「TOEFL(R)テスト大戦略シリーズ」がWritingとSpeakingのレッスンを24時間受講できるオンライン英会話「ベストティーチャー」と提携!

DreamNews / 2014年8月21日 15時0分

教育出版社の株式会社旺文社(東京都新宿区、代表取締役社長 生駒大壱)がライセンス許諾し、株式会社ベストティーチャー (東京都新宿区、代表取締役社長 宮地俊充)の開発・運営による、オンライン英会話「ベストティーチャー」にて新コース「旺文社TOEFL(R)コース」のサービスを8月21日より開始しました。

株式会社旺文社がライセンス許諾し、株式会社ベストティーチャーの開発・運営による、オンライン英会話「ベストティーチャー」にて新コース「旺文社TOEFL(R)コース」のサービスを8月21日より開始しました。

本コースでは、旺文社の「TOEFL(R)テスト大戦略シリーズ」の 『TOEFL(R)テストスピーキング問題110[改訂版]』『TOEFL(R)テストライティング問題100[改訂版]』に掲載されている問題を元に、「ベストティーチャー」上でWritingレッスンとSkypeレッスンを24時間いつでも受講することができます。

レッスンでは、実際のTOEFL iBTの試験形式に即した実践問題を解き、まずは文章で解答を書き、講師に採点してもらうWritingレッスンを受けます。それを踏まえ、無料通話アプリのSkype(※2)を通じて講師と会話するSkypeレッスンを受けることにより、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を偏りなく伸ばすことができます。

(※1)日販オープンネットワーク「WIN」約2,700書店調べ(2012/12~2013/11のTOEFL関連書籍売上部数合計に占める旺文社TOEFL大戦略シリーズ10点の売上部数合計より)
(※2) SkypeはSkype Limited社の商標です。


【サービス概要】
コース名: 「旺文社TOEFLコース」
対象者:ベストティーチャーの有料会員
内 容:『TOEFL(R)テストスピーキング問題110[改訂版]』『TOEFL(R)テストライティング問題100[改訂版]』に掲載されている問題を元に、オンライン英会話「ベストティーチャー」でWritingレッスンとSkypeレッスンを受講
サービス開始日 : 2014年8月21日
月 謝:16,200円(税込) 
著 者:
『TOEFL(R)テストスピーキング問題110[改訂版]』:島崎美登里、Paul Wadden、Robert Hilke
『TOEFL(R)テストライティング問題100[改訂版]』:Paul Wadden、Robert Hilke、早川幸治



【ベストティーチャーとは】
“書いてからSkypeで話す”オンライン英会話。レッスンはWritingレッスンとSkypeレッスンの2ステップ制。まず、自分が話したい内容を英文テキストにし、文字ベースで講師と擬似会話を行います。自分が書いた英文は講師が添削した上で、音声を録音します (Writingレッスン)。次に、完成したスクリプト(会話文)をもとにSkypeを通じて、講師とオンラインで会話をします(Skypeレッスン)。自分が話したい内容を英文テキストとしてオンラインに蓄積することで、話せるシーン、トピックやフレーズをどんどん増やしていくことができます。

講師は厳しい採用プロセスにより、アメリカ、イギリス、フィリピンなど、世界中から採用しています。
「旺文社TOEFLコース」では、「ベストティーチャー」が提供している通常のレッスンに加え、TOEFL対策に特化したレッスンを受講することができます。


【会社概要】
社 名 : 株式会社 旺文社
代表者 : 代表取締役社長 生駒大壱
設 立 : 1931年10月1日
本 社 : 〒162-8680 東京都新宿区横寺町55 / TEL : 03-3266-6400
事業内容 : 教育・情報をメインとした総合出版と事業
U R L : http://www.obunsha.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社旺文社 総務広報グループ
TEL:03-3266-6495 FAX:03-3266-6849 E-mail:pr@obunsha.co.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング