株式会社サパナ、メール配信システムWiLL Mailのオプションサービスとして「DKIM機能」の提供を開始

DreamNews / 2014年8月22日 11時30分

CRMアプリケーションの開発を行っている株式会社サパナ(本社:東京都港区高輪、 代表取締役会長 えとうあきら)は、クラウド型の次世代メール配信システム WiLL Mailのオプションサービスとして、DKIM機能の提供を8月26日より開始します。

次世代メール配信システムWiLL Mail(http://willcloud.jp/)に、オプションサービスとしてDKIM機能が搭載されます。
DKIM(Domain Keys Identified Mail)は、なりすましを防ぐ送信ドメイン認証技術です。送信元メールサーバーが、メールに「DKIM-Signature」というヘッダーを追加し、宛先サーバーがそれを検証することによって送信元の認証を行ないます。このDKIM機能を搭載したメール配信システムを利用することにより、受信者がなりすましメールと混同することがなくなるため、メールの受信率を高めることが期待できます。

株式会社サパナでは、今後もお客様に感動をつたえる理想のアプリケーションシステムを追求し開発を行ってまいります。
引き続き何卒ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

■ 本リリースに関するお問合せ先
株式会社サパナ クラウド事業部 担当:後藤 TEL:03-6450-4080

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング