【矢野経済研究所調査結果サマリー】キャラクタービジネスに関する調査結果 2014

DreamNews / 2014年8月25日 13時0分

写真

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のキャラクタービジネスの調査を実施いたしました。

1.調査期間: 2014年5月~7月
2.調査対象: キャラクターを用いてビジネス展開を行っている企業(メーカー、卸などいわゆるライセンサー、ライセンシー、及び小売・流通業等)
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談や電話等によるヒアリング、消費者へのアンケート調査、官公庁及び業界団体等の各種統計データによる文献調査を併用

<キャラクタービジネスとは>
本調査におけるキャラクタービジネスとは、ライセンス契約によりキャラクターを商品化、広告販促使用、映画やテレビ、マンガなどのメディアへ展開するビジネスをさし、商品化権と版権で構成される。
なお、本調査におけるキャラクターとはアニメーション・漫画・ゲーム・イラスト等であり、芸能人(実写)などを除く。

◆ 2013年度のキャラクタービジネス市場はほぼ横ばいながら8年振りに増加、2014年度は再成長への転換点と予測
◆ 商品化権市場は下げ幅縮小、版権市場は2年連続拡大し、本格上昇の兆し

無断転載禁止

詳細プレスリリースは以下をご参照ください。
■YRIマーケットNow!
http://www.yano.co.jp/press/press.php/001283
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ
⇒YRIマーケットNow! の内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング