【ABIリサーチ調査報告】次世代の小売業:電子棚札

DreamNews / 2014年8月25日 13時0分

米国市場調査会社ABIリサーチが、英文調査レポート「次世代の小売業:電子棚札」を2014年8月に出版しました。

【調査レポート概要】
2014年8月発行


米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「【分析レポート:技術】次世代の小売業:電子棚札」は、電子棚札と近距離通信技術の市場について調査しています。


電子棚札(electronic shelf display)は、これまで、法制化によって大きく後押しされた国々以外では成功することができなかった。技術の未成熟、低賃金と高価な棚札コスト、白黒表示だけに限定されていること、小売業者にとっての優先順位の低さなど、様々な理由が考えられる。

しかし、過去3年間、特に近距離通信や低出力ブルートゥース(BLE)搭載のスマートフォンを利用するスマートフォンショッパー(スマートフォンで価格比較や製品機能や評判などを確認する買物客)の登場によって、小売り技術市場は、小売業者が積極的に考慮すべき分野となっている。さらに重要なのは、電子棚札技術は、実店舗においても、オンラインと同じように価格を変化させることができる(ダイナミックプライシング)という利点を持たせられる技術であるということである。

米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「【分析レポート:技術】次世代の小売業:電子棚札」は、電子棚札の地域的により幅広い採用に注目し、今後の主要な促進要因と阻害要因についても記載している。電子棚札が、新しい小売り技術のエコシステムとどのように融合し、そのなかで近距離通信や低出力ブルートゥースが果たす役割や、実店舗においてダイナミックプライシングがなぜ成功をもたらすのかについても記載している。

As yet, electronic shelf displays (ESL) have failed to achieve success beyond legislated countries to any great effect. A number of reasons have been cited including immature technology, low labor costs versus high label costs, monochrome limitations, low priority area for retailers, etc.

However, over the last 3 years the retail technology market has emerged as a vital area for retailers to consider, with ESL potentially playing a key link in engaging with the smartphone shopper, particularly when technologies like NFC and BLE are integrated. More importantly, ESL technology is essential in enabling brick and mortar stores to unlock the same benefits potential of dynamic pricing as online.

This report considers the wider regional adoption of ESLs, looking at major drivers and inhibitors in the future. The report also provides detailed analysis of how ESLs fit into the new retail technology ecosystem, the important role of NFC and BLE in enabling this and why dynamic pricing will be successful in brick and mortar retail.


ABIリサーチは、米国ニューヨークに本社をおき、幅広い視点で通信関連分野についての調査レポートを出版しています。通信、移動体・無線、IoTとM2M、位置情報、自動車技術、セキュリティ等に関して、産業・技術や半導体の動向分析や市場予測等を行い、定評を得ています。多くの調査会社が特定の分野に特化しがちな中で、総合的な調査活動を行うABIリサーチは貴重な存在です。常に調査対象を更新しつつ、最新の情報の収集・提供を行っています。

ABIリサーチの年間プログラム「リサーチサービス」は、複数の調査レポートやマーケットデータを1年間を通して提供します。対象分野の最新動向を継続的に詳細に分析するもので、アナリストへの質問時間も提供し、70以上の分野を調査対象としています。


■ 調査レポート ■

【分析レポート:技術】次世代の小売業:電子棚札
Next Gen Retail: Electronic Shelf Labels: Technology Analysis / AN-1661
出版社:ABIリサーチ(米国)
出版年月:2014年8月
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/abian1661.html

【年間プログラム】位置情報技術のリサーチサービス
Location Technologies Research Service
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/abirsloct.html

(ABIリサーチのリサーチサービスは、調査レポート、マーケットデータ、最新情報を提供するABIインサイツ、アナリストへの質問時間などの組合せによって提供する年間契約の情報サービスです。)

■ 米国市場調査会社 ABIリサーチ(ABI Research)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/index.html


株式会社データリソースはABIリサーチの日本販売代理店です。 調査レポートの販売、委託調査などを行っています。


◆このプレスリリースに関するお問合せ     

ABIリサーチ 日本販売代理店

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー   
http://www.dri.co.jp/melmag/backnumber.php

◆メールマガジンのお申し込み   
http://www.dri.co.jp/contact/free_appl.php

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング