切らない・痛くない・わずか15分でわきが・多汗症が完治するって知ってますか?まったく新しいNo Down Time技術の最新わきが・多汗症治療機『ビューホット』を銀座みゆき通り美容外科にて導入開始!

DreamNews / 2014年8月27日 11時0分

写真

美容整形の銀座みゆき通り美容外科(本社:東京都中央区、院長:水谷和則)の院長「水谷和則」は、傷痕を一切残さず、更にダウンタイムも一切なく、わずか15分でわきが・多汗症が完治するとされる最新治療機『ビューホット』を、2014年8月27日(水)より導入致します。

3万件を超える美容外科の執刀医・美容外科のこだわり芸術家 医学博士「水谷和則」がどうしても伝えたい(衝撃的な)真実
「切らない・痛くない・わずか15分でわきが・多汗症が完治するって知ってますか?」

まったく新しいNo Down Time技術の最新わきが・多汗症治療機『ビューホット』を銀座みゆき通り美容外科にて導入開始!

~関東圏初のわきが・多汗症治療機、日本国内2台目★98.4%の患者が大満足~

銀座みゆき通り美容外科:http://viewhot.jp/

美容整形の銀座みゆき通り美容外科(本社:東京都中央区、院長:水谷和則)の院長「水谷和則」は、傷痕を一切残さず、更にダウンタイムも一切なく、わずか15分でわきが・多汗症が完治するとされる最新治療機『ビューホット』を、2014年8月27日(水)より導入致します。

《『ビューホット』7つの特徴》
 1.わずか15分の施術
 2.切らない
 3.痛くない
 4.傷痕なし
 5.施術後の(身体)固定なし
 6.当日シャワー入浴可
 7.1~2回治療で再発なし

《『ビューホット』概要》

 『ビューホット』は、岡山県のビュークリニック桃の里の総院長である佐伯正典先生が3年余りの年月をかけて開発した「わきが・多汗症の最新治療機」です。2014年6月に行われた第102回日本美容外科学会において、佐伯先生によりビューホットの治療結果(切らずに多汗症・腋臭症に著効を示す、新治療 View HOT ―158名316症例の検証―:95%以上の臨床結果を経て、施術は約15分、切開しないRF(高周波)技術と最小限の副作用(熱傷・色素沈着)のみで、他の治療後も可能となり施術後の固定や制限もなく普段通りの生活ができる。)が初めて報告され、その素晴らしい成果に大きな反響がありました。

 ビュークリニック桃の里でビューホットによるわきが・多汗症治療を行った計158名の患者に対して治療結果の評価を行い、症状が完全に消えたものを有効、少しでも症状が残っている場合は無効と判定した結果、158名のうち151名(95.6%)は1回の治療だけで有効と評価。無効と評価した残りの7名に2回目のビューホット治療を行った結果、5名が有効と 評価し、合計156名(98.4%)が有効と評価して頂けました。更に、やけどや傷痕が残るなどの合併症は皆無(0%)という報告を受けています。


《『ビューホット』の特徴》

 1. 他機種「mira Dry -ミラドライー」との違い
 ビューホットの原理は、わきの下の皮膚内部にRFを照射してその熱エネルギーで汗腺を死滅させ、汗や臭いを止めるというものです。同じく高周波(=マイクロ波)でわきが・多汗症を治療する機器でミラドライ(mira Dry)がありますが、ミラドライの欠点を解決し、ミラドライよりも安全で高い効果が出せるように改良されたのが『ビューホット』です。

 ミラドライの欠点とは、マイクロ波を皮膚表面から皮膚内部に間接的に照射するために起こる、熱エネルギーの及ぶ範囲(発熱深度)の不正確さです。機器の設定の調節である程度の正確性はあるものの、その加減は医師の勘に頼る部分が多いため、常に正確ではありません。 このため残念なことですが、トラブルを避けて控えめに照射すると効果が不十分で、逆に効果を十分に出そうと出力を上げれば皮膚の浅い層に熱が入り過ぎて熱変性してしまう場合があり、 長期間わきの下の皮膚がこわばるケースが珍しくありません。あるいは皮下の深い層に熱が入り過ぎて熱変性し、神経損傷や筋肉損傷などが起こり得ます。



 これに対して『ビューホット』の場合は、表皮層を冷却板で冷やしながら、高周波の照射針をわきの下の皮膚を貫通して汗腺の深さまで刺入して、針先から高周波を照射します。

 照 射針の深さは0.1mm単位で調節できるため自在に深度のコントロールができ、深度によって照射の出力を変えながら段階的に照射することもできます。 したがって極めて安全に、極めて正確に、汗腺だけ選択的に熱変性させることができ、他の組織にダメージを与える心配がありません。

 実際の治療では、照射針を皮下1mmの深さから0.5mm刻みで4~6段階に深度を変えて刺入し、各深度で適切な出力に調節して高周波を照射します。

 浅めの深度では皮膚のヤケドを予防するためにやや控えめの出力で主にエクリン汗腺を狙い撃ちし、中層~深めの深度では出力を上げて主にアポクリン汗腺を狙い撃ちします。


2. 従来の照射針付き高周波治療機器との違い

 『ビューホット』のように照射針がある高周波治療機器も従来型のものがありますが、従来型の場合、高周波が単純に放射状に照射されるために、熱エネルギーも放射状(円形、球形)に広がります。 照射針の深さを変えて照射したとしても、垂直方向にムラなく照射するためには高周波の重ね打ち部分ができてしまい、過剰な熱変性が起こり、こわばりが長引くなどのトラブルが起こりやすくなります。また照射針間に高周波が届かない部分も出来るので、水平方向には照射漏れが生じやすくなります。

 これに対して『ビューホット』の場合は、高周波が垂直方向ではなく水平方向に広がる特殊構造のため、熱エネルギーが扁平(楕円形、円板型)に広がります。その結果、垂直方向に高周波の重ね打ちが減り、 水平方向にも照射漏れが生じにくくなり、ムラがない施術が可能になります。


 『ビューホット』の施術は両わき行ってもわずか15分、これだけで全てのケアが終了です。

 従来の手術のように施術後にわきの下をガーゼで固定する必要がなく、腕の動きの制限もないため、全く辛くありません。施術当日からいつも通りの生活ができ、通院も必要ありません。

 『ビューホット』は、皮膚切開しないので傷跡が一切ありません。従来の手術の問題であった、色素沈着、皮膚壊死、感染、ケロイド、ヒダの引き攣れ、粉瘤(しこり)などの心配も全くありません。これで本当に大丈夫?と思うくらい簡単に、早く、そしてきれいに、わきが・多汗症が治るでしょう。

 ※これまでのわきが・多汗症治療の問題点※

 1.手術中や手術後が、とにかく辛い…手術後の固定期間はわきの下が常に重苦しく痛いのに加えて、腕をほとんど動かすことができないため、生活動作が大幅に制限されます。

 2.ライトな治療法では効果が足りず、しばしば再発する…軽い効果の治療であっても手術後は一時的な患部のダメージによって汗腺の働きが止まるため、一旦完治したように感じられます。ところが数ヶ月以内には汗腺が回復して再び汗や臭いが出てくるため、症状が再発します。

 3. 従来のわきが手術法の場合、回復が遅く、醜い傷跡が残る場合が珍しくない…効果の代償として皮膚の裏側をギリギリまで削り取るため、皮膚に色素沈着や赤みが出て、普通の皮膚色に戻るまでに1年近くかかります。切開した傷痕はきれいに治ったとしても消えるわけではなく、生涯残り続けます。

【『ビューホット』費用】
 ・わきが・多汗症ビューホット治療:350,000円(税別)
 ・そわきが(裾わきが、陰部わきが)ビューホット治療:350,000円(税別)
  ※初診料、再診料は無料です。 ※無痛麻酔代、お薬代等を含んだ治療費総額です。
  ※2回目のビューホット治療を行う場合、当院既定の割引料金でご案内します。
  ※すそわきが(裾わきが、陰部わきが)とは、陰部にも存在するアポクリン汗腺が原因で生じる、陰部のわきが症状です。

【わきが・多汗症とは?】
 <皮脂腺>
 表層にある皮脂腺は、毛穴のごく近くに存在し、そこから分泌される汗は皮膚の保湿や殺菌作用等の役割があります。分泌量が多いとニキビや吹き出物ができたり、アポクリン腺の汗と混ざり合い臭いの原因にもなります。

 <エクリン腺>
 浅層にあるエクリン線は全身に分布しており、特にわきの下や手掌に多くあります。分泌される汗は99%以上が水分で、サラサラして臭いが付きにくく、体温調節をしていますが、その汗の量が異常に多い状態を多汗症と言います。

 <アポクリン腺>
 中間層から深層にあるアポクリン腺はわきの下や耳の穴、乳輪の周囲、陰部等に存在し、体毛に直接繋がっています。そこから分泌される汗は、細菌などが付着し、臭いを発生させます。アポクリン腺の数や密度、汗の分泌量が多いとわきがの症状が強くなります。

 《クリニック(診療所)概要》
  ○名称:銀座みゆき通り美容外科
  ○院長:水谷 和則
  ○科目:美容外科、形成外科、皮膚科
  ○時間:完全予約制(10:00~20:00)
  ○住所:〒104-0061東京都中央区銀座6-8-3 銀座尾張町TOWER 6階(受付)
  ○電話:0120-858-800(診療についてのみ)

 【お問い合わせ先】
 銀座みゆき通り美容外科 広報・PR担当:一森(いちもり) 
 Mail:pr@dr-kazunori-mizutani.net
 TEL:050-3593-0595
 FAX:020-4664-4452

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング