at+link 専用サーバサービスにおいて初期費用0円プランを提供開始~多くの企業ユーザに支持されている専用サーバサービスがこれまでより少ない導入費用で利用可能に。ハイブリッド運用時の初期費用も低減~

DreamNews / 2014年9月10日 10時0分

株式会社リンクと株式会社エーティーワークスが共同で展開している国内最大級のホスティングサービス「at+link (エーティーリンク) 」は、9月 10日 (水)より専用サーバサービスにおいて、導入時のコストを軽減する「初期費用0円プラン」の提供を開始します。

株式会社リンク(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡田元治)と株式会社エーティーワークス (本社:富山県富山市、代表取締役社長:伊東孝悦) が共同で展開している国内最大級のホスティングサービス「at+link (エーティーリンク) 」は、9月 10日 (水)より専用サーバサービスにおいて、導入時のコストを軽減する「初期費用0円プラン」の提供を開始します。

近年、システム構築を行う際に仮想マシンを使用したクラウドサービスの利用を優先して検討するユーザが増加しつつありますが、サービス開始初期からある程度の規模が見込める場合等、ハイパフォーマンスな物理マシンでの運用の方が効率的という判断から、専用サーバサービスを選択するユーザも多く存在します。また、Web サーバやアプリケーションサーバ等のフロントエンドには仮想マシンによるクラウドサービスを使用し、データの処理・出力を行う DB サーバ等のバックエンドでは専用サーバサービスを利用するハイブリッド構成での運用を望むユーザもいます。

このように、専用サーバサービスには一定の需要が存在しますが、一方でユーザ専用の物理マシンを提供するというサービスの性質上、マシン1台あたり数万円~数十万円の初期費用が発生してしまうため、クラウドサービスに比べて気軽な導入が難しいという問題があります。そこで当サービスでは、「導入時の費用を抑え、より手軽に専用サーバサービスを利用したい」、または「ハイブリッド運用を現在よりも低い初期費用で導入したい」というユーザからの要望に応え、この度「初期費用0円プラン」をリリースすることといたしました。

at+link が提供する「初期費用0円プラン」は、月間利用料に初期費用 (※1) の 1/12 に相当する額を按分加算して提供するプランで、契約書や手数料は不要です。このプランを利用することで、ユーザはこれまでよりも少ない費用で専用サーバサービスを導入することができるようになります。また、仮想マシンを使用した「at+link クラウド」と併用する際も、初期費用を抑えて運用を始めることができます。

(※1) マシン本体 (オリジナル・富士通製) およびこれらのマシンに追加可能なメモリ、ストレージ (HDD・SSD) 等の費用を対象としています。

at+link は、今回の「初期費用0円プラン」の提供にとどまらず、ユーザの要望に応えたサービスの拡充・改良を行い、より使いやすいサーバ環境の提供に向けて今後も努力を続けてまいります。

初期費用0円プランのマシンラインナップおよび費用
■ オリジナルマシン
● AT01-G2
・ 利用料 (※):29,840円 (24,840円)~
・ CPU:Xeon E3-1230L v3 (1.8GHz)
・ ストレージ:標準 SATA 500GB/最大 SSD 120GB×3/SATA 500GB×3
・ メモリ:標準 4GB/最大 16GB
・ OS:CentOS 6 (x64)

● AT02-G2 (SSD モデル)
・ 利用料 (※):33,000円 (28,000円)~]
・ CPU:Xeon E3-1230L v3 (1.8GHz)
・ ストレージ:標準 SSD 120GB×2 (RAID 1)/最大 SSD 240GB×2 (RAID 1)
・ メモリ:標準 4GB/最大 16GB
・ OS:CentOS 6 (x64)

● AT02-G2 (HDD モデル)
・ 利用料 (※):33,340円 (28,340円)~
・ CPU:Xeon E3-1230L v3 (1.8GHz)
・ ストレージ:標準 SATA 500GB×2 (RAID 1)/最大 SATA 1TB×3
・ メモリ:標準 4GB/最大 16GB
・ OS:CentOS 6 (x64)

● AT03-G2
・ 利用料 (※):42,340円 (37,340円)~]
・ CPU:Xeon E5-2407 (2.2GHz)
・ ストレージ:標準 SSD 120GB/SATA 500GB/最大 SSD 120GB×4/SATA 1TB×4/SAS 300GB×4
・ メモリ:標準 8GB/最大 48GB (デュアル CPU 時は 96GB)
・ OS:CentOS 6 (x64)

■ 富士通製マシン
● FJ01-G1
・ 利用料 (※):27,170円 (22,170円)~]
・ CPU:Xeon E3-1265L v2 (2.5GHz)
・ ストレージ:標準 SATA 500GB/最大 SATA 500GB×2
・ メモリ:標準 4GB/最大 8GB
・ OS:CentOS 6 (x64)

● FJ02-G1
・ 利用料 (※):45,670円 (38,670円)~]
・ CPU:Xeon E5-2603 (1.8GHz)
・ ストレージ:標準 SATA 500GB×2 (RAID 1)/最大:SATA 500GB×8
・ メモリ:標準 4GB/最大 48GB (デュアル CPU 時は 96GB)
・ OS:CentOS 6 (x64)

● FJ02-G2
・ 利用料 (※):48,000円 (41,000円)~]
・ CPU:Xeon E5-2603 v2 (1.8GHz)
・ ストレージ:標準 SATA 1TB×2 (RAID 1)/最大:SATA 1TB×8
・ メモリ:標準 4GB/最大 48GB (デュアル CPU 時は 96GB)
・ OS
CentOS 6 (x64)

● FJ03-G2
・ 利用料 (※):52,170円 (45,170円)~]
・ CPU:Xeon E5-2620 v2 (2.1GHz)
・ ストレージ:標準 SAS 300GB×2 (RAID 1)/最大 SAS 300GB×8
・ メモリ:標準 4GB/最大 48GB (デュアル CPU 時は 96GB)
・ OS:CentOS 6 (x64)

※ 税抜価格。
※ 「利用料」欄の括弧内表記は、2台目以降をご利用いただく場合の利用料です。
※ 「初期費用0円プラン」の最低利用期間は 12カ月です。

「at+link 専用サーバサービス」の詳細は、http://www.at-link.ad.jp/dedicated/ でご覧いただけます。

at+linkについて
東京の広告制作会社である株式会社リンクと、富山のPC/AT互換機メーカーである株式会社エーティーワークスにより、1996 年11 月にサービスを開始しました。2014 年 9 月現在の稼働台数はのべ20,000 台にのぼり、専用型レンタルサーバの分野では国内最大級といわれています。ユーザは大企業・官公庁から中小企業・SOHOなど、およそ2,500 社。利用形態も、企業のメールサーバ・ウェブサーバからオンラインショップやモバイルビジネスまで多岐におよびます。自在性・拡張性に富んだサービス構成と、親切・丁寧な完全無償フルサポートを提供しており、多くのユーザから支持を得ています。サービスの詳細は、http://www.at-link.ad.jp/をご覧ください。

株式会社リンクについて
株式会社リンクは、業界最大級の稼動台数を持つ専用ホスティングを軸として、クラウド型ホスティングやクラウド型テレフォニーサービス、セキュリティプラットフォームサービスなど、さまざまなインターネット関連サービスを提供しています。2009年からは農系事業にも取り組んでおり、2011年10月からは岩手県岩泉町にある自然放牧酪農場「なかほら牧場」を運営しています。事業内容の詳細は、http://www.link.co.jp/ をご覧ください。

株式会社エーティーワークスについて
株式会社エーティーワークスは、at+link のマシンの製造と技術サポートを担当しています。1994年の創業当時からPC/AT互換機にPC-UNIX(Linux・FreeBSDなど)をプリインストールしたサーバ機器の販売、ラックマウントサーバの開発・製造・販売を行っています。事業内容の詳細は、http://www.atworks.co.jp/ をご覧ください。

本プレスリリースに関するお問い合わせ先
株式会社リンク (担当:原田)
〒107-0052
東京都港区赤坂7丁目3番37号 カナダ大使館ビル1階
TEL:03-5785-2255 / FAX:03-5785-2277
Eメール:marketing@link.co.jp

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング