MapRのベンチマークで毎秒1億のデータを取り込むことに成功

DreamNews / 2014年9月10日 11時0分

Hadoopディストリビューションのトップランクに位置付けられている米国マップアール・テクノロジーズ社は、本日のタブローカンファレンスで、標準のオープンソース・ソフトウェアであるOpenTSDBをMapR Distribution上で動作させて画期的な性能が得られたことを発表しました。

クラスター上で展開された画期的な結果により、新たにIoT向けアプリケーションとリアルタイムデータ解析への扉が開かれた


Hadoopディストリビューションのトップランクに位置付けられている米国マップアール・テクノロジーズ社(本社:米国カリフォルニア州、以下MapR)は、本日のタブローカンファレンスで、標準のオープンソース・ソフトウェアであるOpenTSDBをMapR Distribution上で動作させて画期的な性能が得られたことを発表しました。同社のNoSQLデータベースである「MapR-DB(M7)」で、10ノード・クラスターのうちわずか4ノードだけを利用して、毎秒1億データポイント以上を処理しました。

OpenTSDBの性能を1,000倍に加速させたことで、大量のデータをコスト効率良く管理できるようになり、多くの製造装置やハードウェアから出るデータを分析する産業用モニタリングや予防保守、データセンターのモニタリングといったIoT (モノのインターネット) を始めとするリアルタイムデータ解析を用いたアプリケーションへの道をMapRは開きました。

MapR Technologies社の主席アプリケーションアーキテクトであるテッド ダニングは次の通り語っています。
「OpenTSDBの性能をここまで加速させたことで、MapRが従来の技術に比べてはるかに高い効率性と解析処理能力を持つことが証明されました。OpenTSDBは時系列データの保存と解析に広く用いられているデータベースです。もともとはデータセンターの監視用に設計されたもので、データを取り込むパフォーマンスに限界があったため、それ以外の分野への利用が広がりませんでした。今回のベンチマークで、OpenTSDBをMapR上で利用すれば、IoTをはじめとしたリアルタイム解析が必要な多くのアプリケーションに実用的なレベルで応用できることが示せたのです」

Ciscoの試算によれば、2020年までにインターネットに接続されるデバイスの数は、500億台に上ります。これらがIoTデバイスとなりますが、その中にはセンサーを始めとするデータ収集デバイスが組み込まれており、常時その情報を通信しています。そして、それらはこれまでのデータ管理用プラットフォームが担ってきた役割の境界ははるかに押し広げていくことが予測されます。医療や製造、公益事業などは、データを常時解析して適切な対応ができれば、事業運営が飛躍的に向上する産業分野です。これらのデバイスは各家庭からインターネットを通じてデータを送信するようになるでしょう。時系列データベースはそういったデータを保存し解析するための最重要な鍵となります。

MapRはこれらのテストを再現するために必要な詳細を公表しており、MapR App Galleryを利用して、あるいはGitHub上でテスト結果を再確認することができます。



【マップアール・テクノロジーズについて】
MapRは、Hadoopを駆使し、ミッションクリティカルかつリアルタイムな業務利用を支援する、エンタープライズグレードのプラットフォームを提供 しています。MapRは一つの統合ビッグデータ・プラットフォームの中で、かつてない安定性と使いやすさ、そして世界最高速レベルの処理性能を HadoopやNoSQL、データベース、ストリーミングアプリケーションにもたらしています。MapRはフォーチュン100企業やWeb 2.0企業を中心として、金融サービス、小売業、メディア、医療機関、製造業、通信、政府機関等、500社以上のお客様にご利用いただいております。また、アマゾン、シスコ、グーグル、HPは、MapRの強力なエコシステムパートナーです。投資家には、Google Capital, Lightspeed Venture Partners, Mayfield Fund, NEA, Qualcomm Ventures and Redpoint Venturesが名を連ねています。MapRは米国カリフォルニア州に本社を置き、東京都千代田区に日本法人を構えています。
ホームページ:http://jp.mapr.com/
Facebook  :https://www.facebook.com/maprjapan
Twitter :https://twitter.com/mapr_japan


【お客様からのお問い合せ先】
マップアール・テクノロジーズ株式会社 営業部
Tel: 03-5288-5370  Email: sales-jp@mapr.com

【報道関係者からのお問い合せ先】
マップアール・テクノロジーズ株式会社 広報エージェンシー リードプラス株式会社 担当:大橋
Tel: 03-6278-7566  Email: maprpr@leadplus.co.jp

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング