インフォコーパス、MongoDB社の正式パートナーとしてSI、コンサルティング、教育事業を開始

DreamNews / 2014年9月12日 10時0分

ビッグデータ基盤事業とIoT事業を行う株式会社インフォコーパス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田名瀬崇)は、2014年8月 、MongoDB社とパートナー契約を締結しました。これによりMongoDB正式サブスクリプションを提供するとともに、9月12日からMongoDBに関するSI事業、コンサルティング事業、教育事業、アプライアンス製品事業を開始します。

ビッグデータ基盤事業とIoT(*1)事業を行う株式会社インフォコーパス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田名瀬崇)は、2014年8月 、MongoDB社(*2)とパートナー契約を締結しました。これによりMongoDB正式サブスクリプションを提供するとともに、9月12日からMongoDBに関するSI事業、コンサルティング事業、教育事業、アプライアンス製品事業を開始します。

インフォコーパスは創業時から、ビッグデータ基盤のデータベースとしてMongoDBに注目しており、自社のセンサークラウド基盤であるSensorCorpus(TM)にMongoDBを実装するなど、その導入・活用を積極的に推進してきました。今後はMongoDBの導入・実装ノウハウをコンサルテーションや教育プログラムとして提供してまいります。

インフォコーパスが提供するMongoDB関連サービスは、以下の通りです。

(1)SI事業 - MongoDBの実装を伴う周辺システムの開発等
(2)コンサルティング事業 - MongoDBの活用・導入支援、クラウドのパフォーマンス改善支援等
(3)教育事業 - MongoDBの教育セミナー、トレーニングの開催等
(4)アプライアンス製品事業 - データベースとしてMongoDBを搭載したアプライアンス製品を販売

MongoDBは、MongoDB社から提供されている次世代データベースシステムです。ビッグデータ時代を迎えて脚光を浴びるNoSQL(従来型リレーショナルデータベースと異なるデータベースシステム)の中でも、最も有望視されています。データの活用方法が従来型のオンライン・トランザクションから、データ収集・蓄積・分析へと拡張される中、それに対応して、非定型・非構造化データを効率的に処理し、スケールアウト(*3)を容易に実現できるとして、各方面から高い評価を受けています。既に米国を中心としてWebビジネス、金融、EC、医療、IoTなど様々な分野において利用が急速に進んでいます。

インフォコーパスは今回のパートナー契約を機に、MongoDB専業ベンチャーとして事業を展開していきます。

【用語の説明】

*1 IoT:Internet of Thingsの略。モノのインターネット。コンピュータなどの情報機器だけではなく、すべてのモノにセンサーと通信機能が実装され、インターネットを介して監視あるいは制御されるという概念。
*2 MongoDB社はニューヨーク、パロアルト、ダブリン、シンガポールに本社を持つグローバルなソフトウェアカンパニーです。

URL: http://www.mongodb.com

*3 スケールアウト:接続されたサーバの台数を増やすことで処理能力を向上させること。

【会社概要】

株式会社インフォコーパス

インフォコーパスは、今後予想される多種多様なデータを蓄積し、また容易に利用できる先端のインフラ・アーキテクチャーを提供することで、ビッグデータ時代の新しい知の創造と産業・生活・文化の基盤を支えてまいります。

URL: http://infocorpus.co.jp

本件に関するお問い合わせ

Tel: 03-6416-1365
Email: contact@infocorpus.co.jp

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング