Artec、「Inside 3D Printing Conference & Expo Tokyo」にて 3Dフルボディ・スキャナ「Shapify Booth」を日本初公開

DreamNews / 2014年9月19日 11時0分

写真

Artecグループは、2014年9月17日~19日に東京ビッグサイトで開催される「Inside 3D Printing Conference & Expo Tokyo」にて、高速3Dフルボディ・スキャナ「Artec Shapify Booth」を日本で初めて展示します。同製品は、12秒で全身をスキャンし、人姿を形取ったフィギュア用の高品質な3Dデジタルモデルを3分程度で生成するシステムです。

Artec、「Inside 3D Printing Conference & Expo Tokyo」にて
3Dフルボディ・スキャナ「Shapify Booth」を日本初公開

プロフェッショナル仕様向けの3Dスキャニングソリューション(ハードウェアおよびソフトウェア)を開発・製造するArtecグループ(本社:ルクセンブルク、CEO:Artyom Yukhin) は、2014年9月17日~19日に東京ビッグサイトで開催される「Inside 3D Printing Conference & Expo Tokyo」にて、高速3Dフルボディ・スキャナ「Artec Shapify Booth」(アーテック・シェイピファイ・ブース)を日本で初めて展示します。「Artec Shapify Booth」は、12秒で全身をスキャンし、人姿を形取ったフィギュア用の高品質な3Dデジタルモデルを3分程度で生成するシステムです。Artecは、日本の販売代理店である株式会社データ・デザイン(愛知県名古屋市中区、代表取締役 岡村 隆徳* 徳は旧字体)と連携し、イベント・プロモーション・エンターテイメント向けにレンタルでの提供および販売を予定しています。

Artecのスキャンブースは、広視野で高解像度の3Dスキャナと回転リグを装備しており、わずか12秒で1人分をスキャンできます。搬送可能かつ、特別な組み立ては不要なため、スペースさえあれば、どこにでも設置可能です。Artecのアルゴリズムは、キャプチャした700ポイントの面を3~5分でプリント可能な詳細ファイルに自動的に融合させ、後処理の必要はありません。生成されたデジタルモデルは3Dプリントセンターにて、8インチのフルカラー・ミニチュア像に3Dプリントできます。完成したミニチュア像は1週間以内にお届け可能です。
ショッピングモール、テーマパーク、屋外および屋内のアトラクションなど、客足の多い場所に理想的な「Artec Shapify Booth」は、既存の顧客動線の利用や、新たな顧客の呼び込みに最適です。また、3Dのフィギュアは、結婚式や卒業式、また、妊娠・出産など、人生の大切な節目を記録にとどめ、家族への贈り物としたりすることができます。

Artecの全世界におけるチャネル開発の責任者であるアレクセイ・ステブリュフ(Alexey Steblev)は次のように述べています。「この5年間にわたり、Artecは宇宙航空、自動車、医療、映画の特殊効果に至るまで、さまざまな産業界のプロフェッショナルに3D技術を提供してきましたが、一般のお客様に活用していただく機会も常に模索していました。Shapifyによってその実現が可能になります。人々が最新のトレンドや技術に素早くなじみ、ポップカルチャーに大いに後押しされるアジア市場において、Shapifyは非常に大きな可能性があると考えています。」

英国の大手小売業者ASDAは、Artecのハンドヘルドスキャナを使用してお客様の3Dフィギュアのスキャンとプリントを行うシステムを6カ月前に初めて導入しました。このベンチャー事業が早期に成功を収めたことから、Artecグループはそのプロ仕様のスキャン装置をカスタマイズし、高速の全身スキャナ「Artec Shapify Booth」を開発しました。現在、ASDAは、フィギュア1体あたり60英ポンドで、3D自撮り (selfie) サービスを提供し、あらゆる人々がこのスキャナを利用できるようにしています。




■出展概要
http://inside3dprinting.com/tokyo-j/

◆「Inside 3D Printing Conference & Expo Tokyo」
( エヌプラス ~新たな価値をプラスする材料と技術の複合展~ 同時開催展)
会期:2014 年 9 月17 日(水)~19 日(金) 10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト 東ホール801 番ブース
展示会では、「Artec Eva」や「Artec Spider」などArtecグループの市場をリードするハンドヘルド3Dスキャナも出品予定です。こうしたスキャナの高解像度かつ高精度で鋭角を捉える能力は、量産や工業デザインにも最適です。重量がわずか850グラムのこのデバイスは、各セッション開始時に手間のかかる事前準備(暖気運転など)や対象物へのマーカー貼り付けなどが不要です。整形外科、自動車、医療、航空宇宙、遺産保護、映画などの産業における迅速なプロトタイピングや製造にも適しています。

Artecグループについて
Artecグループは、ルクセンブルグに本社を置くプロ仕様の3Dハードウェアおよびソフトウェアの開発および製造企業です。Artecグループは、3Dスキャナの世界的なマーケットリーダーで、世界中の人々に選ばれています。
3Dプリントしたフィギュアを作成する「Shapify」は、2013年にArtecグループが考案し、発表しました。詳細は、https://shapify.me/ をご覧ください。
Artecグループに関する詳細は、http://www.artec3d.com/ja/ をご覧ください。


【報道関係者向けお問い合わせ先】:
株式会社エル・ビー・エス  樋川・平出 
電話: 03-3769-1351 FAX:03-3769-5180 
Email:mhikawa@lbs.co.jp ahiraide@lbs.co.jp

*「Inside 3D Printing Conference & Expo Tokyo」開催中(9/17-19)のご取材をご希望の場合は、
お手数ですが上記までご連絡をお願いいたします。

【サービスに関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社データ・デザイン  日尾
電話:052-953-1588 FAX:052-953-1502
Email:sales@datadesign.co.jp

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング