Apple社の新言語Swiftで開発するiOS8アプリ開発講座の予約開始

DreamNews / 2014年9月19日 9時0分

ビジュアルサーチ株式会社は、2014年9月19日より、Apple社が今年発表した新言語Swiftの通信講座の予約を開始しました。 人気アプリ「コンビニ情報!」シリーズの開発技術者を講師に迎え、様々なノウハウを含めた実践的な内容になっており、 1週間程度で実務レベルまで教える内容になっています。 さらに、プログラム初心者も学べるよう配慮されており、分かりにくい点を短時間動画で解説します。

今回、予約を開始する『iOS開発講座-入門編』の詳細は次の通りです。

■サービス詳細

本講座の内容は、プログラミング初心者の方にも分かりやすく、Apple社の開発環境Xcodeの使い方、
はまりやすいAppStoreへの申請の仕方をPDFと動画で説明いたします。

それだけでなく、AppStoreにて累計36万ダウンロード、常時レビューを星4以上を維持してきた
「コンビニ情報!」シリーズを手掛けた技術者が、よく使う部分を中心に解説し、アプリ開発・運営の
ノウハウを惜しむことなく公開します。

ご自身のスキルアップ、または、社内の教育のために、活用することができます。


従来のiOSアプリのネイティブ開発は、Apple社のプログラミング言語 Objective-C で、
開発しなければいけませんでした。

しかし、Objectiv-Cは、メモリの管理などを熟知した、C言語全盛期時代からプログラミングを
組んだ人でなければ、なかなか「落ちないアプリ」を作るのは難しい部分があり、初心者には、
ハードルの高い言語でした。

しかし、新言語であるSwiftなら、メモリを言語自体が管理しており、独特の文法ながらも、
既存の言語のいいところ取りをした文法体系になっているので、学ぶのに損はない言語です。

本講座は、iOS開発がはじめての状態から、実務レベルに引き上げるお手伝いをいたします。


■無料配布内容

講座予約を記念して、本サービス予約ページにて

・電子書籍「アプリ開発を仕事にするには?」
・Swiftチートシート&クイックリファレンス

を無料配布いたします。

■サービス概要

サービス名称:『iOS開発講座-入門編』

利用料金:15万円(税込)

予約ページ:
https://college.visualsearch.jp


【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:ビジュアルサーチ株式会社
担当者名:野里智之
Email:college@visualsearch.co.jp


プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング