マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、オールインワンコスメ市場について調査結果を発表

DreamNews / 2014年9月22日 17時0分

写真

(株)総合企画センター大阪は、オールインワンコスメについて市場調査を実施しました。同市場の2013年度の売上高は、前年度比12.2%増の497億円と2桁成長となった。同市場は、過去5年間で約2倍と大きく拡大している。

【調査概要】
●オールインワンコスメの2013年度の売上高は前年度比12.2%増の497億円。依然として2桁成長を維持しており、2009年度からの過去5年間で約2倍と大きく拡大している。
●同市場は、2011年頃までは景気の悪化に伴う消費者の節約志向や、女性の社会進出に伴う時短・簡便志向を背景に、ドクターシーラボや新日本製薬などの通販系企業が大きな需要を獲得し市場を牽引している。
●2012年頃からは、こうした通販系企業の好調な業績に触発されて、ロート製薬やカネボウ化粧品、資生堂などのセルフ系の大手化粧品企業が相次いで参入している。3,000~4,000円台が主流な通販系企業のアイテムに対して、セルフ系企業は1,000円台のアイテムを次々と投入し、需要の裾野拡大に大きく貢献している。ただし、セルフ系企業の成長に伴い購入単価は下落傾向にあり、伸長率はやや鈍化している。
●2014年度(見込)は、通販系企業の新規参入の増加や、セルフ系企業が機能性訴求の商品を拡充していることから、引き続き2桁伸長する見通し。チャネル別では、ドラックストアやGMSをはじめとするセルフチャネルで低価格なオールインワンコスメが売上を伸ばす見通し。また、機能別ではこの1~2年で抗老化訴求や美白・UV訴求のアイテムが急速に増加しており、消費者の機能性ニーズを取り込んでいく見通し。

【調査期間】2014年6月~2014年8月
【調査対象商品】化粧水や美容液、乳液などの3つ以上の機能を備え、洗顔後に1アイテムでケアできる化粧品
【調査方法】企業や業界関係者へのヒアリング・デスクリサーチ

詳細は、こちらの資料に記載しております
>> http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr210140183?140922dn2m




【本件に関するお問い合わせ】
(株)総合企画センター大阪 
webマーケティンググループ
https://secure.future-s.com/~bibliotheque/contact/?140922dn2m
フリーダイヤル:0120-30-6531

【会社概要】
■会社名   株式会社総合企画センター大阪
■所在地   大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
■TEL     06-6538-5358
■プライバシーマーク認定番号 第20001810 (01)号
■URL    http://tpc-cop.co.jp/?140917dn2m
■公式Facebook http://www.facebook.com/bibliotheque.tpc
■公式 ブログ http://tpc-cop.co.jp/blog/
■事業内容  マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング