『Assistant Viewer』 セキュリティ対策ファイル閲覧ソリューション SaaS型サービス提供開始予定日発表 ~マルチデバイスでファイルを高セキュリティに閲覧を実現~

DreamNews / 2014年9月24日 10時0分

株式会社Cotyledon Technology(本社:東京都千代田区、代表取締役 多田清志、以下コティレドン)は、PDFファイルおよびPDFファイルに変換可能なファイルをセキュアな環境で閲覧が可能なマルチWebブラウザ対応のPDFファイル高速閲覧システム『Assistant Viewer』のSaaS型サービス提供開始予定日を発表致します。

株式会社Cotyledon Technology(本社:東京都千代田区、代表取締役 多田清志、以下コティレドン)は、PDFファイルおよびPDFファイルに変換可能なファイルをセキュアな環境で閲覧が可能なマルチWebブラウザ対応のPDFファイル高速閲覧システム『Assistant Viewer』のSaaS型サービス提供開始予定日を発表致します。

 国内におけるPDFファイル閲覧ソフト市場が横ばいで推移する中、情報漏えいやセキュリティ思考の高まりにより、近年、個人情報の取扱いや情報誤送信による情報漏えいの事件などが頻繁に起こっているのを背景に、これまでの安易なセキュリティ思考からより強固なセキュリティを求める企業が増えてきております。また、ファイルの閲覧速度もストレスがない環境のニーズも増えています。
 今回発表する『Assistant Viewer SaaS型サービス』は、導入コストをかけずにセキュアな環境でファイル閲覧を実現する事ができます。そして、常に最新バージョンでシステムを使用する事ができ円滑にストレスのない業務環境を作る事ができます。

 更に外部権限システムとの連携によりPDFファイルを時間・場所を気にする事なく閲覧ができ、既存システムとの権限設定連携によりPDFファイル閲覧権限の高度な設定が可能となります。
 そしてPDFファイルのクライアント端末へのダウンロードが不要な為、顧客情報ファイルや設計図などの機密情報流出を防止することが可能となり、会社内外へのファイル送信や、社内でのファイル閲覧のセキュリティが担保され情報漏えいなどの対策強化が可能となります。
 
 多くの閲覧ソリューションは専用のアプリケーションやクライアント端末へのPDF閲覧ソフトのインストールが必要です。このため、導入時のインストール・頻繁なソフトウェアアップデート作業・バージョン管理等のコスト負担が強いられていました。
 『Assistant Viewer』は既存のwebブラウザでファイルを閲覧する事が出来るため、バージョン管理やソフトウェア導入費用等の運用負荷、コストを軽減する事ができます。

◆PDFファイルアップロード画面

◆SaaS型システムサービス開始予定日
 2014年10月1日
◆SaaS型システム初期設定費用:¥20,000(1アカウント/予定価格)
 SaaS型システム月額利用料金:¥20,000(1アカウント/予定価格)
※他システム連携等は別途費用が発生致します。
※1アカウントにつき20ユーザーまでの制限となります。

◆評価版の貸し出しはお気軽にお問い合わせ下さい。
※同業他社様のお申し込みにつきましては対応致しかねますのでご了承下さい。
※本製品の詳細はこちらよりご確認ください。
http://www.cotyledon-technology.co.jp/package-business/asv/

◆株式会社コティレドン・テクノロジー概要
「ソフトウェアの企画/開発及び販売業務」「システム設計/開発/計画作成/メンテナンス及びコンサルティング業務」「ASPサービスの提供」などWebアプリケーション及びサービスの効果を最大化するための事業を展開しています。

本社所在地:東京都千代田東神田2-8-3 PSビル5階
設   立:平成26年7月
代 表 者:代表取締役 多田 清志
U R L:http://www.cotyledon-technology.co.jp

◆本プレスリリースに関するお問い合わせ先
株式会社Cotyledon Technology マーケティング部
TEL:03-5829-8211
FAX:03-5829-8214
Mail:info@ cotyledon-technology.co.jp

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング