商用車向けテレマティクス市場に関する調査結果 2014 -2011 年度~2016 年度のCAGR は31.5%で推移、ビッグデータ解析で成長の可能性も-

DreamNews / 2014年9月24日 15時30分

写真

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の商用車向けテレマティクス市場の調査を実施いたしました。

1.調査期間:2014 年4 月~8 月
2.調査対象:国内外の商用車向けテレマティクス端末ベンダ等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail 等によるヒアリング、及び文献調査併用

<商用車向けテレマティクスとは>
本調査における商用車向けテレマティクスとは、(1)運行動態管理システム端末、(2)オートリース車両(商用車)運行動態管理システム端末、(3)複合機(端末)、(4)デジタルタコグラフ、(5)ドライブレコーダ、(6)スマートフォン連携型運行動態管理システム端末を対象とする。運行動態管理システム端末とは搭載されたGPS によって、走行データをセンタ側で把握し、運行管理や、燃費、CO2 排出量などを把握し環境対策に活用するシステムである。なかでもスマートフォン連携型とはこうした運行管理をスマートフォンに取り込まれたアプリケーションにて行い、2015 年以降、車載器として活用が可能となる。複合機とは運行動態管理システム、デジタルタコグラフ、ドライブレコーダの内の2 つ以上の機能を有するシステム端末である。デジタルタコグラフは法定三要素(速度、時間、距離)をデジタル記録する車載器であり、2014 年の法改正により車両総重量7 トン以上のトラックやバス、タクシーに搭載義務が生じる。ドライブレコーダは映像や音声などの走行情報を自動的に記録する車載器である。

◆国内商用車向けテレマティクス端末は順調に推移、2016年度には133万台を予測
◆2030年度の商用車向けテレマティクス端末は約400万台を予測、
ビッグデータ解析で成長の可能性

無断転載禁止

詳細プレスリリースは以下をご参照ください。
■YRIマーケットNow!
http://www.yano.co.jp/press/press.php/001299
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
お問い合わせ
⇒YRIマーケットNow! の内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング