ボーダフォン、「2014年度版M2M普及状況調査レポート」を発表アジア太平洋地域の企業、M2M普及促進を牽引

DreamNews / 2014年9月25日 18時0分

写真

- 昨年1年間で80%超のM2M導入率増加により、M2Mグローバル市場拡大を加速 - アフリカ、中東、アジア太平洋(AMAP)市場が、M2M普及率で、米州や欧州市場をリード - AMAP市場が、今後2年間で引き続き世界のM2M普及率を牽引 - グローバル企業の5分の1以上がM2Mを導入、2016年までに55%の導入率達成の見通し - 家電および自動車分野でのM2M普及が、最も急速に成長

ボーダフォン(日本法人:ボーダフォン・グローバル・エンタープライズ・ジャパン株式会社:東京都千代田区、M2M ジャパン カントリーマネージャー Timo Halonen、以下「ボーダフォン」)では、600名以上の企業経営幹部(世界14ヶ国、7業界)を対象にM2Mの普及状況を調査し、その結果をまとめた「2014年度版ボーダフォン M2M普及状況調査レポート」を本日発表しました。本レポートでは、アジア太平洋の企業におけるM2M普及の加速が顕著で、世界のM2M市場を牽引していることが報告されています。また、2014年、AMAPに拠点を置く企業のM2Mソリューション導入率は、2013年から15ポイント増加し、平均27%を達成しました。一方、欧州、米州市場でのM2M平均導入率は、それぞれ21%、17%となっています。
2014年度版ボーダフォン M2M普及状況調査レポートの日本語版の全文は以下のURLよりダウンロードが可能です。http://m2m.vodafone.com/cs/m2m/home/japan

M2Mは、従来インターネットとの接続性を持たず、独立して稼働していたマシーンやデバイスをインターネットに接続して「IoT(モノのインターネット)」を実現する主要な技術・ソリューションのひとつになっています。本レポートは、世界中で平均22%の組織がM2Mを導入しており、昨年に比べて80%以上の増加率を記録したことを報告しています。

英国のCircle Researchによって実施された本調査は、14ヶ国、主要7業種でM2M戦略策定に携わる600人以上の経営幹部(うち38%がAMAP地域)の見解を集約していることから、M2M実装に関する主要なグローバル調査の一つとして位置付けられています。

2013年版ボーダフォンM2M普及状況調査レポートは、AMAP地域がもっとも広い範囲でM2Mを導入し、今後普及率で米国を凌駕すると予測していました。2014年版は、AMAP地域が今後数年、世界のM2M普及を継続して牽引し、2015年にはAMAP地域の企業の平均48%が導入することを予測しています。さらに、2014年度のリポートは、2016年までにすべての地域のM2M普及率が平均55%程度に推移し、地域間のギャップが縮小することを予測しています。

業界別M2M普及率では、グローバルレベルで自動車、家電製品、エネルギー及び公共事業の3分野の企業が、30%近い導入率を達成し、著しい成長を遂げています。家電分野は、M2M活用したスマートTVやゲームコンソールなどのコネクテッドデバイスの普及加速によって、「モノ」の流通形態にもっとも著しい変革が起こっている業界の一つとなっています。自動車市場は、M2Mがリモートメンテナンスやインフォテインメントなどの追加サービスの提供を実現していることから、M2M導入が著しく、もっとも成熟した分野です。エネルギーおよび公共事業分野では、スマートホームや、インテリジェントヒーティング、コネクテッドセキュリティなどのオフィスサービスに対する需要拡大に伴い、M2M導入が加速しています。

2014年度の調査では、「M2Mによる投資対効果があったか?」という質問に対して、46%の調査対象者が「大幅に増加」と回答し、昨年の36%を上回ったことが報告されています。一方で、本レポートは、セキュリティへの不安やグローバル展開に関する課題等が、M2M導入における障壁となっていることも併せて指摘しています。

富士通株式会社 執行役員 ネットワークサービス事業本部長 香川 進吾氏は、次のように述べています。「当社は、企業が直面している現在/将来のビジネス課題に対する、主要なソリューションの1つとして、M2M/IoTに関するサービスを提供しております。その中で、Vodafone M2Mとの協業により、グローバルでのサービス提供が可能になっています。今回のM2M普及状況調査レポートは、世界のお客様の動向としてとても興味深く、お客様へのソリューション提供において大変参考になります。」

ボーダフォン、M2M APAC 地域担当ビジネスディレクター、ニコラス・エカーブ(Niklas Ekarv)は次のように述べています。「今年度のリポートの結果では、アジア太平洋地域の企業がIoTの可能性を理解しはじめたことで、同地域におけるM2M導入が加速したことが示されています。Machina Researchでは、アジア地域でのM2M接続が2023年*までに20%(複合年間成長率)拡大すると予測しています。M2Mテクノロジーは、アジア地域のすべての業界に変革をもたらしています。企業は、このテクノロジーを活用することで、事業展開や顧客管理に新しいアプローチを導入することが可能になります。また、Machina Researchは、日本が、M2M普及をリードする市場の一つとして、中国、インド、韓国、オーストラリア共にアジア大洋州地域全体の収益の大部分を占めることを予測しています。ボーダフォンは、お客様にとって最適なM2Mソリューションプロバイダになることを目的に、アジア太平洋全体に投資しています」

Machina Research、主席アナリスト、アレックス・チョウ(Alex Chau)氏は次のように述べています。「私たちは、アジア太平洋地域が2023年までに94億を超える接続を擁する市場に成長し、2013年の4倍増となる6790億USドルを超える収益を生むと予測しています。ボーダフォンのM2M普及状況調査レポートは、M2M導入が加速的に拡大していることを示しています。ますます加速するM2Mテクノロジーの活用は、効率性の向上、新たな機能・能力の追加を可能にすることで、企業に優れた競争力をもたらします。また、M2Mは、新しいワークスタイルを推進すると共に、事業展開や顧客へのサービスのありかたに変革をもたらします。」


Twitter:@vodafone_m2m
YouTube:https://www.youtube.com/playlist?list=PL6253EF719F0738A8
Website:http://m2m.vodafone.com/insight_news

報道関係者問合わせ先:
Vodafone広報
担当:神谷
電話番号:03-5269-1038
vodafone@jspin.co.jp



プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング