【矢野経済研究所調査結果サマリー】バイオプラスチック市場に関する調査結果 2014 -飲料ボトル、レジ袋向けの採用拡大により、市場は順調に拡大-

DreamNews / 2014年9月29日 13時0分

写真

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内バイオプラスチック市場の調査を実施いたしました。

1.調査期間: 2014年6月~8月
2.調査対象: 生分解性、植物原料由来プラスチック原料メーカー、加工メーカー、ユーザー企業等
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、郵送・電話・e-mail・FAXによるヒアリング、及び文献調査を併用

<バイオプラスチック市場とは>
バイオプラスチックとは、使い終わったら水と二酸化炭素に還る「生分解性プラスチック」および原料に植物など再生可能な有機資源を含む「バイオマスプラスチック」の総称である。本調査におけるバイオプラスチック市場とは、この2つの環境調和型プラスチックを対象とする。

◆ 2013年のバイオプラスチック市場規模は38,950t、前年比26.8%増と堅調に拡大
◆ 2014年のバイオプラスチック市場規模は47,670t、前年比22.4%増を予測、今後も拡大基調

無断転載禁止

詳細プレスリリースは以下をご参照ください。
■YRIマーケットNow!
http://www.yano.co.jp/press/press.php/001301
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ
⇒YRIマーケットNow! の内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング