アセンテック、先進ストレージシステム「Nimble Storage」I/O性能が大幅に向上した新モデル“CS300” “CS500”販売開始

DreamNews / 2014年10月1日 14時0分

写真

アセンテック株式会社は、昨年代理店契約締結を発表したNimble Storage(ニンブル・ストレージ)社 (Nimble Storage,Inc. 本社:米サンノゼ)のストレージシステム「Nimble Storage」の新モデルであるCS300、CS500を本日より販売開始します。

アセンテック株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:佐藤直浩)は、昨年代理店契約締結を発表したNimble Storage(ニンブル・ストレージ)社 (Nimble Storage,Inc. 本社:米サンノゼ)のストレージシステム「Nimble Storage」の新モデルであるCS300、CS500を本日より販売開始します。

CS300、CS500はハードウェアアーキテクチャを一新した新モデルであり、大幅にパフォーマンスが向上しました。CS300は、販売終了となるCS200シリーズと比較し、約70%あまり、I/O性能が向上し、CS500は同様にCS400シリーズと比較し、約50%あまり、I/O性能が向上しました。これにより、CS300は約30,000IOPS、CS500は約90,000IOPSと、非常に高いパフォーマンスを発揮することが可能となりました。これに加え、10Gbase-TのiSCSIインターフェイスが選択可能となり、インターフェイス対応の柔軟性が向上しました。またこの2モデルに加え、10Gbインターフェイスにも対応したエントリーモデルとなるCS215も新たにラインナップに追加となりました。

■今回のNimble新モデルについて

○Nimble CS300
- CS200シリーズの上位互換。CS200シリーズに比べてI/O性能約70%UP
- 価格性能比の高いスタンダードモデル
- 10Gb(10GbE(SFP+), 10Gbase-T)iSCSIのインターフェイス対応

○Nimble CS500
- CS400シリーズの上位互換。CS400シリーズに比べてI/O性能約50%UP
- 90,000IOPS程度を要求する高いI/O負荷システムに最適
- 10Gb(10GbE(SFP+), 10Gbase-T)iSCSIのインターフェイス対応

○Nimble CS215
- CS220ベースのバリューアレイ
- CS220と同性能のエントリーモデル
- 10Gb(10GbE(SFP+), 10Gbase-T)iSCSIのインターフェイス対応

○今回のリリースについて
http://www.ascentech.co.jp/news/press/pr141001_01.htm

○NimbleStorageについて
http://www.ascentech.co.jp/solution/nimblestorage/nimblestorage.html

◆ストレージシステムの課題と「Nimble Storage」のソリューション
「Nimble Storage」は、フラッシュメモリ(SSD)とハードディスク(HDD)を組み合わせたストレージで、従来のティアリング(階層化)の概念を持たず、独自の特許技術「CASL(キャッスル):Cache Accelerated Sequential Layout」により、圧縮しながら効率的にディスクへ書き込みをおこない、フラッシュメモリ(SSD)をリードキャッシュとして利用することによりアプリケーションのスループット要求を満たす高いパフォーマンスを実現します。
この「Nimble Storage」は、ディスクあたりのIOPSが他社と比較して10-15倍となり(Microsoft Exchange 2010 solution reviewed program(ESRP)-Storage v3.0 Benchmarkの結果)、極めて高いパフォーマンスであり、IOPSあたりのコスト効率は非常に高くなっています。そして、パフォーマンスに応じ段階的に拡張可能、初期ライセンス、追加ライセンスも不要であり、高速性と効率性を両立したストレージであり、企業におけるさまざまなストレージ課題を解決するソリューションです。特にVDI環境におけるストレージインフラとして、その高いIOPSとコスト効率で大きな変革をもたらします。

■アセンテック株式会社について
http://www.ascentech.co.jp/
アセンテック株式会社は、世界のVDI市場をリードするCitrix社および、米国を始め各国で高いシェアを誇るDell Wyse製品の1次代理店です。これと同時に、USBキー1本で簡単シンクライアント化を実現するアセンテック自社開発製品「Resalio Lynx Smart」、VDI環境における印刷課題を解決する「ThinPrint」などを取り扱い、仮想化インフラの設計、構築も含め、「VDIトータルソリューション」カンパニーとしてお客様に付加価値の高いソリューションを提供しています。また、ストレージ領域においても、グローバルで高い支持を集める“ハブリッドストレージソリューション”Nimble Storageや、Microsoftの『クラウド統合ストレージ』ソリューションStorSimpleを提供し、拡大し続けるストレージ市場にも柔軟に対応しています。

<お問合わせ先>
E-mail:pr@ascentech.co.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング