【NanoMarkets社発表】ジェスチャー認識:センサ業界では2019年に35億ドルの市場機会

DreamNews / 2014年10月6日 18時0分

NanoMarkets社は、調査レポート「ジェスチャー認識:センサ、カメラ、その他の技術の将来性」のプレスリリースにおいて、ジェスチャー制御システムに使用されるセンサや関連コンポーネントの市場収益は2014年の7億7000万ドルから2019年には35億ドルへの成長をとげていく、の予測結果を発表しました。

◆プレスリリース本文

ジェスチャー認識:センサ業界では2019年に35億ドルの市場機会-ナノマーケット社予測

バージニア州グレンアレン、2014年9月29日

米国調査会社NanoMarkets社のレポート「ジェスチャー認識:センサ、カメラ、その他の技術の将来性 - Gestural Recognition: Sensors, Cameras and Other Technology Opportunities - 2014」では、今後はジェスチャー認識が既存の多機能型タッチスクリーンから徐々に替わっていき、その結果、ジェスチャー制御システムに使用されるセンサや関連コンポーネントの市場収益は2014年の7億7000万ドルから2019年には35億ドルへの成長をとげていくと伝えている。レポートはまた“ジェスチャー”は工場自動化からスマートフォンや“未来の住居”にいたる広範におよぶ新たな用途を見出してくると指摘しており、近年のIntel、AppleやFairchildによるジェスチャー部門買収からジェスチャー認識が今後果たしていく役割が高いことをうかがい知ることができると伝えている。

レポートについて

このレポートではジェスチャー認識のコンポーネントおよびサブシステム市場についての調査を行い、10の用途(ゲームとバーチャルリアリティ、スマートフォン、タブレット、ラップトップ、AiOsとモニター、テレビ、自動車、ヘルスケア/医療、スマートホームおよびその他産業)毎の8年間予測について掲載している。

このレポートでは、ジェスチャー認識(ベンド、近接、IMU、2D画像、3D画像、飛行時間、Eフィールド)で使用されている広範なセンサを調査対象としており、画像センサにおいては関連カメラ技術がどのように進出してくるかについても調査を行っている。また、ジェスチャー認識で使用されるウルトラソニックトランスデューサやマイクロフォンの市場分析情報についても掲載している。これらすべてのコンポーネントについての収益および出荷量についての8年間予測を上述した用途毎に提供し、ジェスチャー認識用のコンポーネントおよびサブシステムを供給する企業に対する今後10年間の戦略情報についても考察している。本レポートでの調査対象企業には、Apple、ARM、ASUS、Audience、Bosch、Chirp、Control VR、Creative Labs、CyberGlove、Cyberith、Cypress、Delphi Automotive、Deutsche Telekom、Disney、DriftCoast、Elliptic、Espros、EyeSight、Freescale、GestSure、GestureTek、Google、Hillcrest、HP、Infineon、Intel、Invensense、Lenovo、LG、Melexis、Microchip Technology、Microsoft、任天堂、OMRON、Philips、pmd、PointGrab、Quantum Interface、Samsung、Silicon Labs、Sixense、SofKinetic、Sony、STMicroelectronics、Telekom Innovation、Tactical Haptics、Thalmic Labs、Tobii、TriLumina、Virtual Realities、WolfsonおよびXsensが含まれる。

レポートより

タッチインターフェースのコモディティ化が進むと、OEM企業ではスマートフォンやタブレット用の新型インターフェースとしてジェスチャー認識を展開していくことになる。初期には既に電話機で使用されているコンポーネントを使用し、徐々にジェスチャー制御向けの特殊コンポーネントが追加されるだろう。より高額なカメラと関連センサのほか、スマートフォン/タブレット向け超音波とEフィールドにも含まれている。2019年までのにスマートフォン/タブレット向けコンポーネントの金額は12億ドルまで達するだろう。

ジェスチャー認識のその他の新たな用途にスマートTVがある。Samsung 社やLG 社ではリモコンによるジェスチャー制御市場への進出を図る。元々は、ウェーブ動作によってスクリーン上のカーソルを動かすことができる程度のものであったが、LG社が最近公開した“マジックリモコン ”は、ユーザーが何もないところで数字を描くことで、チャンネルを選択することができる。

ジェスチャー認識によるリモート制御が普及してくるにつれて、高画質への関心が高まり、性能の低い2Dカメラの使用はあまりみられなくなり、3Dカメラや飛行時間型 (ToF) カメラへの需要が発生していくのではないかとNanoMarkets社は述べる。スマートTVのジェスチャー制御用センサおよびデバイスの市場規模は2019年までに11億8000万ドルへ到達すると見込まれる。予測期間の終盤までには、スマートTVのかなりの割合でリモコンではなく、手や指だけでのTV操作を行えるようになるであろう。

3D画像センサでは画像と奥行き情報を同時に検知することができ、実際に最近のジェスチャー認識による用途の多くにそのセンサを搭載したカメラが活用されている。これは家電市場において魅力的な技術であり、2D画像センサに比べより正確なジェスチャー認識をリーズナブルな価格にて行うことができる。2019年までに3D画像センサによってもたらされる収益は9億3000万ドルへ到達するとNanoMarkets社は見込んでいる。

さらには、ジェスチャー認識市場において次にやってくるのがToFカメラであろう。ToFカメラはレスポンスタイムが超高速であることから、ステレオカメラに比べて手や指の繊細なジェスチャーの正確な検知に非常に有効である。他システムで画像認識の際に起こる時間のずれであるレイテンシについても問題がなく、明るさの乏しい環境においても機能性が高いことも重要な利点である。現在のことろ、ToFセンサによる収益はないに等しいが、NanoMarkets社ではジェスチャー認識システムにおいてToFセンサが活用されていき2019年までに5億5000万ドルの収益へ到達していくと見込んでいる。




◆このレポートについて
ジェスチャー認識:センサ、カメラ、その他の技術の将来性
Gestural Recognition: Sensors, Cameras and Other Technology Opportunities - 2014
http://www.dri.co.jp/auto/report/nano/nanogesturerec.html

◆市場調査会社 NanoMarkets社について
http://www.dri.co.jp/auto/report/nano/index.html

株式会社データリソースはNanoMarkets社の日本販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

NanoMarkets社 日本販売代理店

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
http://www.dri.co.jp
Eメール:office@dri.co.jp

データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/melmag/backnumber.php

メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/free_appl.php

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング