マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、女性用育毛商品市場について調査結果を発表

DreamNews / 2014年10月7日 18時0分

写真

(株)総合企画センター大阪は、女性用育毛商品について市場調査を実施。女性用育毛商品の2013年度の売上高は、前年度比5.0%増の125億円となった。2014年度についても、通販チャネルの活性化及び頭皮(スカルプ)ケアの普及の進行により好調に推移する見通しとなった。

【調査概要】
●女性用育毛商品の2013年度の売上高は、前年度比5.0%増の125億円となった。伸びた要因としては、新規参入企業の増加や需要の裾野拡大、増税前の駆け込み需要等が挙げられる。
●同市場は、男性用も含めた育毛市場全体の約4分の1を占め、2009年からの過去5年間で約1.3倍に拡大している。
●その要因としては、(1)通販チャネルの活性化、(2)頭皮(スカルプ)ケアの普及、が挙げられる。
●(1)通販チャネルの活性化については、はぴねすくらぶの「柑気楼」のヒット以降、新規参入する企業が続出したほか、既存の通販メーカーも新規顧客の獲得に注力している。各社が通販チャネルを選択した背景は、“店頭で育毛商品を買うことに抵抗がある”という女性心理に加え、女性用育毛商品が主要顧客層である40~60代女性のニーズにマッチしていることが挙げられる。
●(2)頭皮(スカルプ)ケアの普及については、アンファーの「スカルプD」のヒット以降、頭皮ケアの一環として育毛商品が取り入れられ需要の裾野拡大に寄与している。特に、従来の育毛剤だけでなく、育毛訴求のシャンプーやトリートメントなどの頭髪アイテムが30代後半~40代前半の女性に浸透している。
●2014年度も、(1)通販チャネルの活性化および(2)頭皮(スカルプ)ケアの普及の進行により4.0%増と好調に推移する見通し。



【調査期間】2014年6月~2014年8月
【調査対象商品】抜け毛や薄毛、髪のボリュームなどの女性の髪悩みの改善・予防を目的とした頭髪用化粧品
【調査方法】企業や業界関係者へのヒアリング・デスクリサーチ


詳細は、こちらの資料に記載しております
>>http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr210140183?141007dn2m





【本件に関するお問い合わせ】
(株)総合企画センター大阪 
webマーケティンググループ
https://secure.future-s.com/~bibliotheque/contact/?141007dn2m
フリーダイヤル:0120-30-6531




【会社概要】
■会社名   株式会社総合企画センター大阪
■所在地   大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
■TEL     06-6538-5358
■プライバシーマーク認定番号 第20001810 (01)号
■URL    http://tpc-cop.co.jp/?141007dn2m
■公式Facebook http://www.facebook.com/bibliotheque.tpc
■公式 ブログ http://tpc-cop.co.jp/blog/
■事業内容  マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版




プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング