チャイルドシートごと子供をくるむ自転車用ブランケットで 巻き込みなどの事故を防ぎ、安全な走行をサポート ~ヘッドレストなしの後ろ乗せにも対応。防風性の高い素材で、寒さを防ぐ~

DreamNews / 2014年10月9日 13時0分

自転車用品を製造するオージーケー技研株式会社(本社:大阪府東大阪市、代表取締役:木村 秀元)は、自転車のチャイルドシートごと子どもを覆うブランケット「子供のせ用ブランケット」を10月15日に発売いたします。冬場防寒のために子どもに毛布を巻き付けて、洗濯バサミなどで留めるケースが多いですが、落ちてタイヤに絡み危険な事故につながることも。事故を予防するためシートごと覆うファスナー式の構造にしました。

転倒時にも配慮。二次的被害を防ぐため、子どもを素早く助け出せるファスナー配置  当ブランケットは、チャイルドシートごと覆う形のため、厚着をしていても窮屈さを感じにくいのが特徴です。また、利便性を考え、まえ幼児座席用とうしろ子供のせ用を用意しました。 「まえ幼児座席用」はブランケットが左右に大きく開くため、幼児の乗せ降ろしがスムーズ。「うしろ子供のせ用」は、子供が自分で乗り降りすることを想定し、ステップ部分までファスナーが降りる形状となっています。 万が一の転倒対策として、左右どちらからでも子どもを助け出せるよう、ファスナーは斜めに配置。防寒性にもこだわり、内側の肌にあたる部分はフリース素材、表はナイロン生地をほどこし、風防性や保温性をアップしました。撥水加工によって、少しの雪や雨にも対応可能です。

本件に関するメディアからのお問い合わせ先オージーケー技研株式会社  広報担当 田島〒577-0066 大阪府東大阪市高井田本通6-2-32ホームページ http://www.ogk.co.jp/TEL:06-6782-4353(代)  FAX:06-6782-4357

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング