「ゆる鉄」の鉄道写真家 中井 精也さんを招いて メッセージライブ~10/25(土)神戸にて開催~

DreamNews / 2014年10月9日 14時0分

写真

フェリシモは10月25日鉄道写真家の中井精也さんを神戸学校にお招きします。車両がメインのそれまでの鉄道写真とは異なり、中井さんは鉄道にかかわる全てのもの、そこから感じられる旅情や出会った人、風景などを被写体とし、叙情的かつノスタルジックな作品は「ゆる鉄」と呼ばれ多くのファンを魅了しています。神戸学校では中井さんと鉄道との出会い、鉄道写真の魅力、撮影でのエピソードなどじっくりおうかがいします。

フェリシモは10月25日鉄道写真家の中井精也さんを神戸学校にお招きします。車両がメインのそれまでの鉄道写真とは異なり、中井さんは鉄道にかかわる全てのもの、そこから感じられる旅情や出会った人、風景などを被写体とし、叙情的かつノスタルジックな作品は「ゆる鉄」と呼ばれ多くのファンを魅了しています。神戸学校では中井さんと鉄道との出会い、鉄道写真の魅力、撮影でのエピソードなどじっくりおうかがいします。

神戸学校 2014年10月 開催概要
ゲスト :中井 精也(なかいせいや)さん
〈鉄道写真家〉

テーマ:「素晴らしき鉄道写真」
日 時: 2014年10月25日(土)13:30~16:00 *13:00開場
場 所: 神戸朝日ホール(神戸市中央区浪花町59番地)
交 通: JR・阪神・阪急・地下鉄「三宮」より徒歩約10分
参加料: おひとり     一般 1,200円(学生 1,000円)
ペア(おふたり) 一般 2,000円(学生 1,600円)
*中学生以下の方は無料
*神戸学校の参加料は、全額「あしなが育英会」を通じて、
東日本大震災遺児への支援に活用されています。

■ゲストプロフィール
中井 精也(なかいせいや)さん<鉄道写真家>
1967年、東京生まれ。鉄道の車両だけにこだわらず、鉄道にかかわるすべてのものを被写体として独自の視点で鉄道を撮影し、「1日1鉄!」や「ゆる鉄」など新しい鉄道写真のジャンルを生み出した。2004年春から毎日1枚必ず鉄道写真を撮影するブログ「1日1鉄!を継続中。広告、雑誌写真の撮影のほか、講演やテレビ出演など幅広く活動している。株式会社フォート ナカイ代表。著書・写真集に「1日1鉄!「デジタル一眼レフカメラと写真の教科書」「DREAM TRAIN」(インプレス・ジャパン)、「ゆる鉄」(クレオ)、「都電荒川線フォトさんぽ」(玄光社)などがある。社団法人日本写真家協会(JPS)会員、日本鉄道写真作家協会(JRPS)副会長。甘党。http://railman.cocolog-nifty.com/blog/

■神戸学校とは
神戸学校は、阪神・淡路大震災をきっかけにスタートしたメッセージライブです。豊かな人生を送ることを目指した「生活デザイン学校」として、毎月1回、各界でご活躍のオーソリティーを神戸にお招きして開催しています。10月で210回目の開催となります。参加料は全額あしなが育英会を通じて、東日本大震災遺児のために活用されています。

■お申し込み方法
神戸学校ウェブサイト(http://www.felissimo.co.jp/s/pr141009/1/)からお申し込みいただけます。
これまでのゲストの講演もこのサイトでレポートしています。

■神戸学校に関するお問い合わせ
神戸学校事務局 078-325-5727
(平日10:00~17:00)

◆本件に関するお問い合わせ先
株式会社フェリシモ 本社広報グループ(吉川・市川)
TEL.078-325-5700 FAX.078-325-5725
e-mail:press@felissimo.co.jp

― 会社概要 -
社名 : 株式会社フェリシモ
本社所在地 : 〒650-0035 神戸市中央区浪花町59番地
代表者 : 代表取締役社長 矢崎和彦
創立 : 1965年5月
事業内容 : 自社開発商品を独自媒体(『Kraso』『IEDIT』など)にて
全国の生活者に販売するダイレクトマーケティング事業


プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング