ご当地アニメ監督がひたちなか市長を表敬。茨城県産アニメ『あぐかるPLAY WITH IBARAKI編 第9話ひたちなか市国営ひたち海浜公園』完成報告会

DreamNews / 2014年10月10日 16時0分

株式会社メディクリエ(茨城県つくば市)は茨城県の委託事業により、茨城県の魅力をPRする茨城県産アニメーション『あぐかる』の新シリーズ『あぐかるPLAY WITH IBARAKI編』を制作中。10月8日(水)、『あぐかる』の監督・芦名みのる氏がひたちなか市役所を訪れ、10月3日(金)に公開となった「第9話ひたちなか市国営ひたち海浜公園」のDVDを本間源基市長に贈呈、完成を報告した。

株式会社メディクリエ(茨城県つくば市)は茨城県の委託事業により、茨城県の魅力をPRする茨城県産アニメーション『あぐかる』の新シリーズ『あぐかるPLAY WITH IBARAKI編』を制作中。10月8日(水)、『あぐかる』の監督・芦名みのる氏がひたちなか市役所を訪れ、10月3日(金)に公開となった「第9話ひたちなか市国営ひたち海浜公園」のDVDを本間源基市長に贈呈、完成を報告した。
本作は10月上旬からコキアの紅葉が見頃となる国営ひたち海浜公園が舞台。「家族で初めて出かけた茨城県内の観光地がひたち海浜公園だった。ネモフィラとコキアが広がる風景が素晴らしいので、(コキアが)一番映える季節に合わせて制作しました」と芦名監督。
実際にアニメを視聴した本間市長は「アニメを見た人が実際にひたち海浜公園に行ってみたいと思いそうな内容。僕は行ってみたいと思った」と語り、敵である「ごじゃっぺメカ」が持つ「ロック魂」に「(ロック魂という発想が)面白い。ラストで敵が飛んでいくところや水戸黄門的な安心できるオチもいいですね」と笑顔を見せた。音楽によるまちづくりを進めているひたちなか市ならではの「ロック魂」を是非本編で確認してほしい。
あぐかるPLAY WITH IBARAKI編「第9話ひたちなか市国営ひたち海浜公園」は現在ニコニコ動画とYouTubeで無料公開中。11月4日(火)からはニコニコチャンネルにて有料配信(7日間10pt *)に切り替わる。 *10円程度。
■『あぐかるPLAY WITH IBARAKI編』概要
茨城県つくば市に拠点を置くアニメーション制作スタジオ「スタジオぷYUKAI※」。2010年から独自に制作、インターネットでの配信を開始した「あぐかる」は、アニメを通じて茨城と農業をポジティブにアピールすべく、稲作をテーマとしてストーリーを展開しています。2014年、茨城県の委託事業である起業支援型地域雇用創造事業「茨城県のイメージアップを推進するデジタルクリエイターの人材確保・育成事業」により、スタジオぷYUKAIが県内各地の魅力を紹介する新作アニメ「あぐかるPLAY WITH IBARAKI編」を制作、配信を開始しました。2014年6月よりニコニコ動画、YouTubeにて公開の新シリーズ「あぐかるPLAY WITH IBARAKI編」では、舞台を茨城県全域に移し、観光地や特産品を中心に茨城県各市町村の魅力をアピールしています。
※「スタジオぷYUKAI」は株式会社メディクリエのアニメーション制作部門です。

<アニメーション概要>
【作品名】
『あぐかるPLAY WITH IBARAKI編』第9話ひたちなか市国営ひたち海浜公園
【配信期間】
2014年10月3日(金)~11月4日(火)
以降はニコニコチャンネルにて有料配信(10pt*/7日間)*10円程度
【配信サイト】
ニコニコ動画「あぐかるチャンネル」内
http://ch.nicovideo.jp/agukaru
YouTube「PLAY WITH IBARAKIチャンネル」内
https://www.youtube.com/channel/UCZ6ai3MjAo3KHLX9pYpLcAg
【放映時間・内容】
7分間のショートアニメ
【監督・脚本】
芦名みのる(魔弾の王と戦姫『ティグルくんとヴァナディーちゅ』など)
【PLAY WITH IBARAKIポータルサイト】
http://playwith.ibaraki.jp/

■本件についてのお問い合わせ先
株式会社メディクリエ 担当:枝村
【メール】press@medicrie.jp
【株式会社メディクリエ HP】http://www.medicrie.jp/
【スタジオぷYUKAI HP】http://puyukai.com/

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング