排気ダクト工事不要!有機溶剤発散防止装置「LK-30」を発売

DreamNews / 2014年11月4日 11時0分

写真

株式会社トルネックス(代表取締役 松井周生)は、喫煙所システムの気流制御技術を活用したホルムアルデヒド曝露防止対策用プッシュプル換気装置を病院の病理検査室を中心に製造・販売してまいりましたが、この度、有機溶剤発散防止装置「LK-30」(http://www.push-pull.jp/)を開発。2014年12月より販売開始致します。

産業の発展に伴い、職場で使用される化学物質は年々増加しています。職場での化学物質の使用が原因の4日以上の休業をともなう労働災害は毎年600~700件にのぼっています。このため厚生労働省は、有機溶剤のような人体に害を及ぼすおそれのある化学物質を使用する職場には、多様な発散防止抑制措置の導入を有機溶剤中毒予防規則で定めています。また、平成24年改正の女性労働基準規則は、有機溶剤中毒予防規則に基づく作業環境測定で「第3管理区分」となった屋内作業場での、妊娠の有無や年齢に限らない全ての女性労働者の就業を禁止しています。
有機溶剤に対し、労働安全衛生法では濃度に関して措置が求められますが、においに関しても労働環境において大きな問題となっています。この有機溶剤発散防止装置「LK-30」は、従来の屋外排気型換気装置とは異なり、捕集した有機溶剤を屋外に排気せず、独自開発の高性能フィルタで溶剤の濃度・においを素早く吸着し清浄します。換気装置を導入するための排気ができない、または費用のかけられない施設にダクト工事をせずに導入いただけます。病理検査室で使用されるキシレンを、においのほとんど感じない1.5ppm以下の環境に60時間抑えます。
また、「LK-30」は驚きの47dBと大幅な静音性向上を達成しました。病院や研究室などの静かな室内環境での導入に最適です。
「LK-30」は全国の販売店を通じて販売する他、新規販売店も募集致します。価格はオープン価格。12月より販売開始し、新商品発表として11月8・9日「第53回日本臨床細胞学会秋期大会(海峡メッセ下関)」に出展致します。

「LK-30」の特徴
1. ダクト工事不要タイプ
高性能フィルタによる室内排気でダクト工事不要。卓上に置くだけの簡単設置。導入コストを大きく軽減。

2. キシレン濃度1.5ppmを実現
溶剤の濃度・においを60時間抑える長寿命フィルタ。フィルタ交換も簡単で手間いらず。
3. 広く、高い作業スペース
奥方吸引なので作業面をフルに使え、一般的なマッペ2枚、または木製染色バット2列での作業が可能。また、作業スペースに500ml瓶を置いたままカバーができる十分な高さを確保。
4. 静音設計
作業環境をそこなわない驚異の47dB。

5. 乾燥機能
お近くの排気口に簡易バイパス接続+シートカバー使用で、昼間作業中に溶剤で濡れた作業器具等の乾燥装置に。また、バイパス排気はいざという時の溶剤のこぼれ対策にも。

■株式会社トルネックスについて
代表取締役社長 松井周生
103-0024 東京都中央区日本橋小舟町6-6 小倉ビル  WEB: http://www.tornex.co.jp

■この件に関するお問い合わせ
株式会社トルネックス 担当: マーケティング室 水野(みずの)
TEL: 03-5643-5800 FAX: 03-5643-5801  E-MAIL: customer@tornex.co.jp

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング