名刺管理サービス「アルテマブルー」の新連携オプション 「アルテマブルー for kintone 連携オプション」をリリース

DreamNews / 2014年11月12日 9時0分

写真

「アルテマブルー」は名刺をスキャナでスキャンするだけで情報をデジタル化するサービスです。「アルテマブルー for kintone 連携オプション」を使用することで、「アルテマブルー」でデジタル化された名刺情報や名刺画像を、「kintone」でご利用することが可能になります。

キヤノンエスキースシステム株式会社(本社:東京都港区芝公園3-5-10、代表取締役社長:町田 政彦)は、同社の名刺管理サービス「アルテマブルー」と、サイボウズ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:青野 慶久) のWebデータベース型ビジネスアプリ作成プラットフォーム「kintone」との連携を可能にした「アルテマブルー for kintone 連携オプション」を12月1日よりリリースし、同時に下記kintoneアプリストアにて公開する予定です。

kintone アプリストア
https://kintone.cybozu.com/jp/app/
<アルテマブルー for kintone 連携オプションについて>
「アルテマブルー」は名刺をスキャナでスキャンするだけで情報をデジタル化するサービスです。「アルテマブルー for kintone 連携オプション」を使用することで、「アルテマブルー」でデジタル化された名刺情報や名刺画像を、「kintone」でご利用することが可能になります。
「kintone」を顧客管理や案件管理として利用する場合、これまで手入力に頼っていた顧客情報の入力作業を半自動化し、担当者の負担を軽減いたします。またアプリを簡単に作成できる「kintone」の特性を活かし、お客様のアイデアと共に名刺情報の新しい活用方法を創出していきたいと考えております。

<イメージ画像>





<サイボウズ株式会社 代表取締役社長 青野 慶久様からのエンドースメント>
サイボウズ株式会社は、キヤノンエスキースシステム株式会社の「アルテマブルー for kintone 連携オプション」の12月1日販売開始を心から歓迎します。

サイボウズでは、業務改善プラットフォーム「kintone」を1800社以上にご利用いただいております。また、パートナー企業様によるkintoneをプラットフォームとして活用したビジネス展開が拡大しております。このたびの「アルテマブルー for kintone 連携オプション」により、アルテマブルーで読み込んだ名刺情報を、kintoneで案件管理や他の顧客情報との一元化などの二次活用が可能となり、営業活動の業務改善に多くの価値と可能性をご提供できるものと考えております。

サイボウズ株式会社
代表取締役社長 
青野 慶久


<アルテマブルーの特徴>



<キヤノンエスキースシステムについて>
キヤノンエスキースシステムは、企業のCRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)実現のための戦略策定・プロセス改革・システム構築・運用を支援するソリューションベンダーです。企業とその収益の源泉である顧客との関係をより深く、継続的なものにすることで収益の最大化をめざし、経営革新を続ける企業を総合的に支援します。数多くの企業における豊富な経験と実績に基づき、多種多様な業種、事業形態に最適なシステムとアプリケーションを提案しています。


■「kintone」とは https://kintone.cybozu.com/
「kintone」は、用途にあわせてWebデータベース型の業務アプリを構築できるサービスです。営業の案件管理、お客様からの問い合せ履歴やクレーム対応の管理、プロジェクトの進捗やタスク管理、従業員の業務日報などをWebアプリケーション化により効率化します。アプリケーションはノンプログラミングで誰でも簡単に構築できます。

<アルテマブルー お問い合わせ先>
キヤノンエスキースシステム株式会社 アルテマブルー事業部
TEL:03-6811-0013 / Mail:ub_sales@canon-esys.co.jp
担当:松村・柳橋

<サイボウズkintone お問い合わせ先>
サイボウズ株式会社 ビジネス・マーケティング本部 毛海(けうみ)
TEL:03-5805-9051 / Mail:naoki-keumi@cybozu.co.jp


※記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング