ボジョレー 2人に1人は飲んでいる! 本当のボジョレーの当たり年はいつ?評価コメント人気調査 一般社団法人 日本ホームパーティー協会が、ボジョレーヌーボーに関するアンケート調査結果公開

DreamNews / 2014年11月6日 16時30分

写真

日本におけるホームパーティーの普及を目的として設立された、一般社団法人日本ホームパーティー協会(所在地:東京都渋谷区 代表理事:高橋秀幸)は、ホームパーティーに興味がある20~40代の男女300名にボジョレーヌーボーに関するアンケートを実施いたしましたのでご報告いたします。

日本におけるホームパーティーの普及を目的として設立された、一般社団法人日本ホームパーティー協会(所在地:東京都渋谷区 代表理事:高橋秀幸)は定期的にホームパーティーの実態調査を行っています。
今回、ホームパーティーに興味がある20~40代の男女300名にアンケートを実施いたしましたので、その結果をご報告いたします。



■2人に1人はボジョレーを飲んでいる!

ボジョレーヌーボーの飲酒経験を聞いたところ、全体では58.7%が飲んだことがあると回答し、そのうちの9.7%が毎年飲んでいる結果となりました。また、飲んだことのない人のうち、15%が興味があると答えており、全体で興味がないと回答した人は26.3%にとどまっており、ボジョレーに対する高い関心がうかがえます。



■気になる評価 1 位は、2003年「100年に1度の出来、近年にない良い出来」

近年、ボジョレーヌーボーが解禁される度に話題になる、ボジョレーのできについての評価ですが、過去16年のうち、最も気になる飲んでみたい評価について調査し、気になる評価ランキングを作成いたしました。
1位は、2003年「100年に1度のでき、近年にないでき」で、19.3%が気になると回答する結果になりました。

次いで最も不作とされている、2012年「ボジョレー史上最悪の不作」の16.7%、2009年「50年に1度のでき映え」11.7%が続きました。



■印象に残っている評価 1 位は、1998年「10年に1度の当たり年」

また、印象に残っている評価を聞いたところ、1位が、1998年「10年に1度の当たり年」でした。こちらは1997年~98年に起きた赤ワインブームがきっかけでボジョレーヌーボーが注目を浴びた年だったため、印象に残っている方が多かったのではないかと推測されます。年代別に見ても、当時飲酒経験のない20代が9.2%、30代が23.3%、40代が22.7%と、3、40代が多く印象に残っていると回答しています。



【調査概要】
・調査期間:2014年10月17日(金)~2014年10月19日(日)
・回答者:300名
・対象:20歳~49歳までのホームパーティーに興味がある男女

一般社団法人日本ホームパーティー協会は、ホームパーティーに関する情報をはじめ、衣食住に関わる面白いもの、感動するもの、刺激的なものを発信するメディア、howpa!(ハウパ!)を運営しています。この他のアンケートデータなどは下記メディアにて随時更新予定です。

メディア運営の他、ホームパーティーにおける実態調査や、レンタルスペース運営、ケータリング、お勧めグッズのご紹介などホームパーティーに関わるあらゆる情報の提供等、日本におけるホームパーティー振興に努めています。

▽howpa!
http://howpa.jp/

■本件に関するお問い合わせ
一般社団法人日本ホームパーティー協会 担当:前田
TEL: 03-6434-1280
Mail:info@hpaj.org
URL:http://www.hpaj.org/

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング