NSW、次世代BIツール「Tableau」の取り扱いを開始 ~ユーザー部門でも直感的操作で手軽なビッグデータ分析を可能に~

DreamNews / 2014年11月10日 11時0分

ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、 代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、11月より米Tableau Software社の高速処理BI(ビジネス・インテリジェンス)ツール「Tableau(タブロー)」の取り扱いを開始いたしました。

ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、11月より米Tableau Software社の高速処理BI(ビジネス・インテリジェンス)ツール「Tableau(タブロー)」の取り扱いを開始いたしました。

「Tableau」は、プログラム言語に関する知識やデータ構造の理解など専門の知識が不要なセルフ型BIツールで、ユーザーが直感的に操作できるインターフェースを標準装備しています。これにより、従来のBIツールで発生していたシステムカスタマイズによる開発コストや分析のための専門部署・専任者の設置が不要となり、ユーザー部門でも手軽にビッグデータ分析を実施し、結果をよりスピーディーにビジネスに活用することが可能になります。

本製品は、デスクトップアプリケーション「Tableau Desktop」、ブラウザ閲覧用アプリケーション「Tableau Server」、無償のリーダーツール「Tableau Reader」から構成されています。価格は「Tableau Desktop」1ユーザ構成で25万円からとなり、NSWでは今後1年間で10社の導入を目標としています。

NSWはこのたびの「Tableau」の取り扱い開始により、これまで提供しているクラウドM2Mプラットフォーム「Toami(トアミ)」、ならびにObjectivity社のビッグデータ分析に最適なNoSQL基盤「InifiniteGraph(インフィニットグラフ)」、MongoDB Incの「MongoDB(モンゴデービー)」と合わせ、ビッグデータの収集から分析までをワンストップで提供するビッグデータソリューションメニューを拡充し、お客様の業務効率化・最適化を支援してまいります。

以上

■関連リンク
 「Tableau」について  http://www.nsw-cloud.jp/cloud/service/bigdata/tableau/

■NSW(日本システムウエア株式会社)について
1966年に創業。各業種対応のシステム開発、大規模システム運営、データセンターでのアウトソーシングなどをワンストップで提供します。これらの実績を生かし、ITリソースを提供するだけでなく、監視・運用などのデータセンターソリューションや移行設計などのインテグレーションを含めた幅広いサポートを提供するクラウドコンピューティングサービスも実現しています。
また、モバイル端末・カーエレクトロニクスなどの組込みシステム開発を行うほか、LSIやボードの設計開発も手掛けています。詳細は、http://www.nsw.co.jp/をご覧ください。

■サービス内容に関するお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
ITソリューション事業本部
クラウドサービス部:野嶋、村山
TEL:03-3770-0046
FAX:03-3770-3011
E-mail:cloud@gw.nsw.co.jp

■報道関係者からのお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
企画室IR広報担当:太田、河岸
TEL:03-3770-4014
FAX:03-3770-4953
E-mail:kouhou@gw.nsw.co.jp

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング