スパンション、ARMの高性能Cortex-M7プロセッサのライセンスを取得

DreamNews / 2014年11月13日 16時0分

IoT、センサフュージョン、産業オートメーション、モータ制御、ワイヤレス接続アプリケーション向けスパンションの次世代MCUに搭載

Spansion(Spansion Inc. NYSE:CODE、以下、スパンション)は本日、ARM(R) Cortex(R)-M7プロセッサのライセンスを取得したことを発表しました。Cortex-M7プロセッサは、スパンションの次世代MCUおよびシステムソリューションに搭載されます。

スパンションは先ごろ、高性能FM4ファミリの一部として産業用IoT向けの96種の新しいMCUを発表しました。スパンションは、差異化を実現する機能の搭載や、既存のFM0+、FM3、FM4製品ファミリとの間でハードウェアおよびソフトウェアの互換性を維持した高度な設計技術により、MCU製品を広範囲に展開しています。これらの製品ファミリは、それぞれのアプリケーションに特化した機能を搭載するとともに、堅固なサポートエコシステムを持つ多種多様な組み込みシステムを開発する顧客に向けて、高性能・高拡張性・低電力かつ信頼性の高い製品を提供します。

スパンション、マルチマーケット向けMCU事業担当シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャ、ディラジ・ホンダ(Dhiraj Handa)は次のように述べています。「ARMの新しいCortex-M7プロセッサは、組み込みアプリケーションに向けて、先進的なインテリジェンスと高いエネルギー効率を提供します。我々は、MCUに加え、フラッシュメモリ、アナログおよびエナジーハーベスティングなどの、これまでの幅広い製品群を補完する、Cortex-M7コア搭載の革新的なMCUをご紹介してまいります。これらの新しいデバイスは、これからさらに発展する産業、民生、IoT、ワイヤレス通信分野における顧客のニーズに対応するすばらしいものとなります。」

ARM、エンベデッドマーケティング担当バイスプレジデント、リチャード・ヨーク氏は次のように述べています。「スパンションは、これまでに優れた組み込み製品を開発し、市場に提供してきました。Cortex-M7は、さらに高度な処理を要求する分野にソリューションを提供することで、これまでのスパンションのビジネス領域を大きく広げるでしょう。従来のARMの主力製品Cortex-Mプロセッサより2倍の処理能力とDSP性能を達成するCortex-M7は、ハイエンドの組み込みアプリケーション向けに開発されています。我々は、スパンションがこのコアの特徴を活用して、すべての顧客のためにユニークかつエキサイティングな新しいMCUを生みだしてくれることを期待しています」


Spansion Inc
若松
044-920-8447
dl.jp_pr@spansion.com




プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング