CA Technologies、拡大する複雑なITポートフォリオをビジネスの成長に活かすマネジメント・クラウド新製品群を発表

DreamNews / 2014年11月13日 16時0分

~ SaaSソリューションによる簡単で迅速なデプロイ、管理、アップグレードで時間とコストを削減 ~

(2014年11月10日、ラスベガス CA World 2014発)
CA Technologies (本社:米国ニューヨーク州アイランディア市、CEO:マイケル・グレゴア)は本日、マネジメント・クラウド新製品群を発表しました。本製品群は、CAアプリケーションとしてクラウドから提供され、正しいポートフォリオの判断、優れたサービス体験の提供、モバイル・ワークフォース(モバイル環境で業務できる人的リソース)の強化を支援します。

マネジメント・クラウド製品群は、企業のIT投資の増加と複雑化に対応するために開発されました。価値創造までの時間の短縮、容易な実装、企業全体での採用に至るようなユーザー体験を提供しながら、ITサービス、アセット、プロジェクトの総合管理を可能とします。

富士通 グローバル・サービスデスク 主席アーキテクト  Carey Blunt氏
「弊社は、CAのマネジメント・クラウド・ソリューションを活用し、弊社のお客様に素早く簡単にデプロイできるIT管理機能を提供しています。CA Cloud Service Managementのようなツールは、敏捷でコスト効率の良い近代的なサービス管理体験を可能にしています。」

CA Technologies  ITビジネス・マネジメント担当 ジェネラル・マネージャー  James Harvey
「アプリケーション・エコノミーの拡大に伴い、企業のITポートフォリオはますます複雑性を増しており、今後この傾向はさらに加速していくでしょう。我々のマネジメント・クラウド製品群は、このような複雑さを管理し、迅速かつ効果的にIT投資を価値あるものに転換するために開発されました。容易な実装とユーザー体験を重要視したことにより、この製品群は企業全体に渡って採用され、持続的な価値を創出することができるでしょう。」

下記のソリューションは、CA World 2014で紹介されているマネジメント・クラウド・ソリューションの広範なポートフォリオの一部です。

複雑性の管理、ビジネス効率の向上
CA Cloud Service Management(CA CSM)は、大規模開発チームや長期に及ぶカスタマイズ/開発サイクルの必要がない独特な「コードではなく構成」という方法により、SaaSベースのサービス管理を再定義しています。最新機能では、CA CSMをCA Release AutomationとPuppet Enterpriseと統合し、Dropboxなどのようなサード・パーティ・アプリケーションへ新しいカスタム・コネクターを提供します。CA CSMの無料トライアルをお試しください。
http://trials.ca.com/us/cloud-service-management.aspx?cid=GLOB-EAM-NBI-AAV-000136-00000662


BDP International グローバルCIO Angela Yochem氏
「弊社にとっては、ユーザー体験が重要ポイントだったため、CA Cloud Service Managementを選びました。弊社の全従業員がCA Cloud Service Managementを使用しており、すべての部署で非常に評判が良いです。CAのツールの良い点は、我々がBDP Technologyで行っている業務のすべてを可能にする基盤となっている点です。」

The TriZetto Group グローバル・オペレーション担当 アソシエイト・バイス・プレジデント Glenn Mullen氏
「CA Cloud Service Managementに新たに追加されたビルトインのレポート・エンジンは極めて有力であり、数回マウスをクリックするだけで主要指標が可視化できます。これにより、弊社は簡単に今までの集積データを活用し、効率アップにつなげていけます。これがCAのマネジメント・クラウドの代表的な特徴です。」

CA Enterprise Mobility Management(CA EMM)は、エンタープライズ・アプリケーションをモバイル・デバイスおよびユーザーにまで広げている企業を支えます。モバイル・アプリケーション、デバイス、電子メールおよびコンテンツを安全に管理することにより、従業員の生産性やIT効率を高めます。CAは、Smart ContainerizationTM技術により、シンプルかつコンテキスト・アウェアのユーザー体験を実現し、また、エンド・ポイント管理統合機能を提供します。

Wistron Corporation 技術サービス事業本部、最高技術責任者 Frank Cheng博士
「CAは最も総合的なエンタープライズ・モビリティ・プラットフォームを提供できる能力を有しています。充実した企業向けスタックがすでに確立されており、それを最新SaaS版 ITマネジメント製品群と組み合わせるだけで、それは顧客にとって魅力的な価値となります。特にCA EMMソリューションは、SaaSとオンプレミスいずれの形態でも、BYODを尊重しながらデバイス、アプリケーション、コンテンツ、電子メールの完全管理を可能にします。」

ポートフォリオ管理とビジネス促進に不可欠な情報の入手
CA Executive Playbookは、「ビジネス・レベル」分析と決断のサポートを提供することで経営層の意思決定を支援します。これにより、企業リーダーは、変化するビジネス条件に素早く対応できるようになります。CA CSMとCA Project and Portfolio Management(CA PPM)ソリューションのシームレスな統合によって、「システム・オブ・レコード(SoR)」情報やKPIを含んだ構成可能なダッシュボードを提供します。また、ユーザーは、iPadから直接、消費者の立場に立った体験ができます。

CA Project and Portfolio Managementは、IT管理者に業界トップのポートフォリオ管理を提供します。ITプロジェクト・マネージャーが戦略的イニシアチブおよびリソースの優先順位を決定する支援をし、プロジェクト・アジャイル・チームが予算内、時間内で実行できるようにします。迅速で正確な意思決定は、コミュニケーションや透明性の改善につながり、投資リスクを低減します。

BDP International グローバルCIO Angela Yochem氏
「CA PPMにより、我々は、業務ポートフォリオ全体を見てどのような優先順位で作業をスケジューリングし、決定するかなど、より明確な見通しが立てられるようになりました。技術コンポーネントを有するプロジェクトは全てトラッキングされています。」

Forrester Researchの調査
「意思決定の支援ツールとしてポートフォリオ管理を活用することによって、企業は価値の低い活動へのリソースの無駄遣いを止め、方向転換することができます。バランスを保つには、デマンド・パイプラインの可視性を向上し、主要リソースの制約を取り除くことが必要です。作業の流れを最適化することにより、イノベーションを進めるためのリソースを確保しながら少しの労力で多くのことを成し遂げることが可能となります。」*

この発表は、企業がアプリケーション・エコノミーで成功するために重要となる最新のDevOps、セキュリティ、およびマネジメント・クラウド・ソリューションを紹介したCA World 2014で行われました。


参考資料:
・ビデオ:クラウドのスピードと規模を活用する
・ホワイト・ペーパー:スマートなエンタプライズ・モビリティ・ソリューションはSmart Containerizationが原動力に
・eBook:負けないエンタプライズ・モビリティ戦略に必要な7つの方法
・データ・シート:CA Cloud Service Management
・データ・シート:CA Enterprise Mobility Management
・データ・シート:CA Executive Playbook
・データ・シート:CA Project and Portfolio Management

*Forrester Research, Inc. 「次世代戦略プランニングは敏捷で結果重視でなければならない」Margo Visitacion, Gordon Barnett with Alex Cullen, Abigail Komlenic著、2014年2月26日


###


CA Technologiesについて
CA Technologies (NASDAQ: CA) は、ビジネスの変革を推進するソフトウェアを提供し、アプリケーション・エコノミーにおいて企業がビジネス・チャンスをつかめるよう支援します。ソフトウェアはあらゆる業界であらゆるビジネスの中核を担っています。プランニングから開発、管理、セキュリティまで、CAは世界中の企業と協力し、モバイル、プライベート・クラウドやパブリック・クラウド、分散環境、メインフレーム環境にわたって、人々の生活やビジネス、コミュニケーションの方法に変化をもたらしています。CA Technologiesの詳しい情報については、(米CA Technologies)、 (日本)をご覧ください。また、ツイッターについては、https://twitter.com/#!/ca_japanをご覧ください。



*本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

この件に関する報道機関からのお問合わせ先:
CA Technologies
〒102-0093  東京都 千代田区平河町2-7-9 JA共済ビル9階
コーポレート・コミュニケーション部 
TEL: 03-6272-8110 FAX: 03-6272-8115
e-mail: chika.takahashi@ca.com


製品に関するお問い合わせ先
CA ジャパン・ダイレクト
TEL: 0120-702-600 (受付時間: 平日9:00~17:30)
e-mail:JapanDirect@ca.com
http://www.ca.com/jp/japandirect/







プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング