東北大学にてAED体験講習会実施!東北大学生活協同組合と日本赤十字社宮城県支部は11月21日にAEDの体験講習会を開催します。当日(株)マイセックによる寒冷地向けAED保管ケースの展示も行います。

DreamNews / 2014年11月14日 9時30分

写真

東北大学構内には各所にAEDが設置されているが、殆ど使用する事がない為、使用方法が判らないであろう生徒も多数いると考えられる。それらを踏まえ東北大学生活協同組合(仙台市青葉区片平2丁目1-1)と日本赤十字社宮城県支部(仙台市 青葉区堤通雨宮町4-17)は共同で11月21日AED体験講習会を開催する事となりました。また当日(株)マイセックによる寒冷地向けヒーター付AED保管ケースの展示も行います。

AED設置はしているが使えるか? 
大学構内には多数のAEDが設置されているが、はたして生徒がいざという時、的確な
人命救助を行いAEDを使いこなす事が可能か?多くの学生が操作の体験が少ない為
せっかく設置されていても訓練を受けた学生か職員が来るまでは使用出来ないであろうと
考えられる。
そこで東北大学生活協同組合と日本赤十字宮城県支部は共同で身近にAEDを感じて
いざという時、慌てず使用できる様、AEDの体験講習会を開催する事になりました。
日本赤十字社宮城県支部インストラクターによる説明や人形やダミーAEDを使用する事で
人命救助の流れを体験する取組です。

救命についてのポイントを伝授
日本赤十字社宮城県支部のインストラクターの講習により人命救助のポイントや注意すべき
点などアドバイスや説明をして頂きます。

学生によるAED設置場所の再確認
講習会と共に大学構内のどこにAEDが設置されているか再確認を行い、あわてる事なく
近くに設置されているAEDを持って来て人命救助が行う事が出来る様、また緊急時
助け合い連携プレーを行う事が出来るよう促します。

寒冷地仕様のAEDも併せて展示
AEDのメーカー保証温度は0度~50度となっています。寒冷地仕様のヒーター付
AEDケースやAEDバッグも併設展示致します。

AED体験講習会日程
日 時 2014年11月21日 12:00~15:00
場 所 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-6  BOOOK
東北大学工学部購買書籍店 前
TEL 022-261-6856(内92-4498)  
FAX 022-711-0271


連絡先 
東北大学生活協同組合 
宮城県仙台市青葉区片平2丁目1-1
専務理事 峰田 優一
TEL 022-262-8022  
FAX 022-262-9889
URL http://www.coop.org.tohoku.ac.jp/store/kogakubu/

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング