いやし健康増進住宅研究会「第二回医食住健康フォーラム」が盛況にて終了しました

DreamNews / 2014年11月14日 12時0分

写真

日菱企画株式会社が運営するいやし健康増進住宅研究会(所在地:東京都港区 代表 長井智史)では、2014年11月7日(金)に「第二回医食住健康フォーラム」を開催いたしました。今回は「ニッポンの健康と住まいの真実」をテーマとし、医食住に関わる専門家、工務店様関係者そして一般消費者が集い、本当に必要な健康知識、そして必要とされる健康住宅は何かについて知恵を出しあい、盛況にて終了しました。

第二回目を迎えた医食住健康フォーラムを11月7日(金)東京都神田のエッサムグリーンホールにて開催しました。このォーラムは、医食住に関わる専門家をお招きし、真実の健康を明らかにし、今後健康住宅に取り組むための指針を学ぶ機会として、昨年より開催しております。
今回は、メインゲストとして“医”学界より、新著「そのサラダ油が脳と体を壊してる」が好評の脳科学専門医山嶋哲盛先生をお招きしました。今、先進国の中でもアルツハイマー患者の割合が非常に高い状況で、脳の健康がますます重要となっておりますが、普段口にしている油が脳に悪影響を与えていることについて警鐘を鳴らされるとともに、具体的対策についてご提示いただきました。同様に、住環境でも電磁波が同じように脳を酸化させてしまう事を問題提起されていました。
そして、食育指導士の伊場優子先生には、健康の源である元気をいただくとともに、バランス感覚を持った食生活の重要性をお教えいただき、“住”環境専門家として法政大学デザイン工学部建築学科助教 川久保俊先生には、住宅業界の最新動向や研究成果、今後に向けた課題をお話しいただきました。その後、各先生方を交えパネルディスカッションを行いました。そこでは、住まい手やつくり手にもご登壇いただき健康住宅に関わりを持った実体験をお話しいただきました。そして、住まいづくりにおいて健康をどのように実現していくかに対し討議し、そのためにまず幅広く住環境を捉えていく必要性を明らかにしつつ閉会となりました。
いやし健康増進住宅研究会では、百花繚乱状態の健康情報が氾濫している中、幅広い有識者の知見と正しい健康情報に基づき、真に必要とされる住まいづくりを明らかにするため、このような機会を随時開催してまいります。
【問い合わせ先】
日菱企画株式会社/いやし健康増進住宅研究会
電話 03-3503-8490 FAX03-3503-2869
URL:http://iyashironosumai.com
mail:info@iyashironosumai.com


【会社概要】
 ■会社名 日菱企画株式会社 いやし健康増進住宅研究会
 ■代表者 代表取締役 長井 克之
 ■設 立 1977年
 ■資本金 1000万円
 ■所在地 東京都港区虎ノ門2-5-4 末広ビル6F
 ■URL  http://iyashironosumai.com


添付写真
 画像1:脳科学専門医山嶋哲盛先生の講演
 画像2:パネルディスカッション

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング