MCA、「通信建設業者便覧 2014~固定・移動体通信建設市場を通信事業者と通信建設業者の両面から把握~」の販売を開始

DreamNews / 2014年11月14日 13時0分

写真

移動体通信・IT分野専門の調査会社である株式会社 MCA(所在地:東京都千代田区飯田橋1-8-8、代表者:天野浩徳、TEL:03-6261-2571)が2014年11月11日に、調査レポート「通信建設業者便覧 2014~固定・移動体通信建設市場を通信事業者と通信建設業者の両面から把握~」(価格:税込108,000円)を発刊しました。

「通信建設業者便覧 2014」
http://www.mca.co.jp/pay_contents/FormMail/201411_engineering%20Company2014%20Report.html

■調査背景
通信建設業界は携帯電話基地局や、光回線に代表されるブロードバンドのインフラである光ファイバ網の整備、さらにはCATV網の構築や企業通信の社内外ネットワークなど、その市場は多様な広がりをみせている。

通信事業者は通信建設工事に毎年多額の設備投資を行っているが、ARPUの下落や純増契約数の鈍化などから設備投資額自体は抑制的になっている。通信建設業界は通信事業者の設備投資動向に大きく左右される業界構造になっており、通信建設業者は通信事業者から恒常的なコスト削減を要求される状況にある。

こうした厳しい市場環境から、通信建設業界は従来のように通信建設のみを展開する以外に、施工方法の提案や要件定義、交渉、施工構築、調整試験、運用保守などの付加価値提案を要求されるようになってきた。また、IP化の進展と固定と移動体通信の融合(FMC)化は技術者の多能工(マルチスキル)化が求められるようになっている。

上記に加え、通信機器(無線機)市場が外資系ベンダに席巻されている背景もあり、外資系ベンダが機器納入とともに通信建設業も請け負うフルターンキーサービスの提供という実態もある。また、映像や電力系から通信建設業界に参入する企業も増えている。

これらのさまざまな環境変化から、従来のヒエラルキー的な通信建設業界構造が大きく変化する可能性がみてとれる。
通信建設業界は全国規模で事業を展開する数社を除けば、特定地域あるいは地場を中心に事業展開をしている中堅・中小業者が大半を占め、業界構造やプレーヤの実態は明らかにされていない。

本調査資料は激変する通信業界の現状に関し、通信事業者の動向を把握しつつ、通信建設市場の実態を明らかにするとともに、全国の通信建設業者の事業概要を示すものである。

■調査ポイント
・通信事業者の設備投資動向
・2018年度までの通信建設市場を予測
・2018年度までの分野別通信建設市場予測
 →モバイル系通信建設分野
 →固定系(アクセス)通信建設分野
 →固定系(ネットワーク)通信建設分野
・ネットワーク技術革新と通信建設市場への影響(SDN/NFVなど)
・通信建設業界の将来構造
・全国通信建設業者153社の会社概要

■調査対象
I.通信事業者
NTTグループ(NTTドコモ、NTT東日本、NTT西日本、NTTコミュニケーションズ)、KDDIグループ(KDDI、UQコミュニケーションズ)、ソフトバンクグループ(ソフトバンクモバイル、ワイモバイル、Wireless City Planning、ソフトバンクテレコム、ソフトバンクBB)、地域系通信事業者(ケイ・オプティコム、九州通信ネットワークなど)

II.通信建設業者
コムシスグループ(コムシスホールディングス、日本コムシス、サンワコムシスエンジニアリング、TOSYS、つうけん)、エクシオグループ(協和エクシオ、和興エンジニアリング、大和電設工業、池野通建)、ミライトグループ(ミライト・ホールディングス、ミライト、ミライト・テクノロジーズ)、NECネッツエスアイ、KCCSグループ(京セラコミュニケーションシステム、KCCSモバイルエンジニアリング)、NDS、西部電気工業、シーキューブ、ソルコム、TTKなど

III.通信建設工事
モバイル系通信建設分野、固定系(アクセス)通信建設分野、固定系(ネットワーク)通信建設分野

■調査区分
モバイル系
RAN(基地局、鉄塔局など通信土木含む)

固定系
アクセス(FTTH/固定回線、管路など通信土木含む)
コアネットワーク/モバイルコアネットワーク(センタ設備)

■調査結果抄録
ニュースリリース(PDF)をご参照ください。
http://www.mca.co.jp/ifr/NewsRelease/20141111_engineering.%20NR.pdf

■通信建設市場規模とは
通建業者における通信建設工事売上高を合算した数値を指す。算出方法は1次請通建業者30社(コムシスやミライトHD含む)を対象に、当該業者30社の連結売上高のうち通信建設工事売上高を推定、合算した。1次請通建業者30社の連結売上高には傘下子会社の売上高も含まれ、当該レポートにおける通建業者数は傘下子会社を合わせて100社以上となる。
■調査レポートの主な目次
※詳細な目次は以下Webサイトの「レポート目次」をご参照ください。
http://www.mca.co.jp/pay_contents/FormMail/201411_engineering%20Company2014%20Report.html

1.総括編
 1.1. 通信建設業者グループの相関図
 1.2. 通信建設業界の将来構造
 1.3. ネットワーク技術革新と通信建設市場への影響(SDN/NFVなど)
 1.4. 通信建設業者の方向性
 1.5. 主要通信建設業者別工事種類別売上高
 1.6. 電気通信主任技術者数

2.市場分析編
 2.1. 通信事業者の通信建設設備投資動向
 ◆通信事業者別通信建設設備投資動向
  2.1.1. 通信事業者を取り巻く市場環境
  2.1.2. NTTグループの通信建設設備投資動向
  2.1.3. KDDIグループの通信建設設備投資動向
  2.1.4. ソフトバンクグループの通信建設設備投資動向
  2.1.5. 地域系通信事業者の通信建設設備投資動向
 ◆工事種類別通信建設設備投資動向
  2.1.6. モバイル系通信建設投資
  2.1.7. 固定系(アクセス)通信建設投資
  2.1.8. 固定系(ネットワーク)通信建設投資
 2.2. 通信建設を取り巻く市場環境
  2.2.1. モバイル系通信建設
  2.2.2. 固定系(アクセス)通信建設
  2.2.3. 固定系(ネットワーク)通信建設
 2.3. 通信建設市場規模
  2.3.1. モバイル系通信建設
  2.3.2. 固定系(アクセス)通信建設
  2.3.3. 固定系(ネットワーク)通信建設

3.通信建設業者集計編
 3.1. 連結通信建設工事売上高
 3.2. モバイル系通信建設工事売上高
 3.3. 固定系通信建設工事売上高
 3.4. 固定系(アクセス)通信建設工事売上高
 3.5. 固定系(ネットワーク)通信建設工事売上高

4.通信建設業者編
 企業概要(所在地・従業員規模・売上高など)、取引関係通信事業者、所属通信建設グループ、対象通信工事セグメント、主な保有資格、資格別技術者数、通信建設における自社の特長、今後の注力分野

5.通信建設業者の会社概要一覧
※通信建設業者の会社概要一覧はExcelファイルでも別途提供。

■調査レポート詳細
発行日:2014年11月
判型:PDFファイル(A4版91頁)
発行・販売:株式会社 MCA
頒価:108,000円(税込)
調査期間:2014年8月~2014年11月
販売方法:印刷レポート & PDFファイル
     ※通信建設業者の会社概要一覧はExcelファイルでも別途提供。

■株式会社 MCA(MCA Inc.)の会社概要
設立時期:1993年12月1日
代表者:代表取締役 天野浩徳
資本金:1,000万円
所在地:〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1-8-8 ASKビル 5F
事業内容:通信分野に関するコンサルティングやマーケティング事業
     ・カスタムプロジェクト(委託調査)業務
     ・IT Forecast Report(モバイル/IT調査レポート)の企画/制作/販売業務

■本件リリースに関するお問い合わせ
株式会社 MCA(MCA Inc.、http://www.mca.co.jp/
担当:大門
E-Mail:info@mca.co.jp
TEL:03-6261-2571
FAX:03-6261-2572

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング