創刊50周年、ビジネス経済誌「経済界」の最新号が発売!「グローバルベンチャーの挑戦」を特集します。

DreamNews / 2014年11月18日 9時0分

写真

株式会社経済界(本社:東京都港区虎ノ門、代表取締役社長:佐藤有美)は、経営者向けのビジネス経済誌「経済界」(隔週火曜日発売)の最新号(2014年12月2日号)を、全国主要書店と主要ネット書店で発売しました。 【発売日:2014年11月18日】 http://www.keizaikai.co.jp/magazine/pdf/1028.pdf

株式会社経済界(本社:東京都港区虎ノ門、代表取締役社長:佐藤有美)は本日、経営者向けのビジネス経済誌「経済界」(隔週火曜日発売)の最新号(2014年12月2日号)を、全国主要書店と主要ネット書店で発売します。

http://www.keizaikai.co.jp/magazine/pdf/1028.pdf

【発売日:2014年11月18日】
★特集 グローバルベンチャーの挑戦

「なぜ日本からは、グーグルやフェイスブックのような世界的なベンチャー企業が出てこないのか」。頻繁に掲げられるテーマである。確かにインターネットの領域では相変わらずシリコンバレーが主導権を握り、その他の分野でも日本の新興企業が世界市場をリードするような状況はまだ生まれていない。だが、ここに来て風向きが少しづづ変わろうとしている。日本からグローバル市場に大きく羽ばたこうとする起業家や、彼らを支援する投資家たちは今何を考えているのか。現状を探る。

・ 企業環境の好転でベンチャーにチャンス到来

・「問題はIPOするかどうかよりも成長を継続できるか」 アレン・マイナー(サンブリッジコーポーレーション会長兼グループCEO)
・「VCは資金以外の競争力が問われる時代に」 平石郁生(サンブリッジグローバルベンチャーズ社長)
・中小企業の海外進出を支えるグローバル・メガ・ベンチャー  香山 誠(アリババ社長CEO)
・最先端技術で電力未開の地を攻略  陶山茂樹(デジタルグリッド社長)
・ゼロからの海外進出を成功に導く  信太 明(アウンコンサルティングCEO)
・口コミパワーでアジアの女性マーケットを開拓  前田知映(Rounge Asia代表)
・現地の人々と共にカンボジアの未来をつくる  黒川治郎(HUGS代表取締役)
・モノづくりで世界を獲る  徳重 徹(テラモーターズ社長)×夏野 剛(慶應義塾大学特別招聘教授)
・「ゴールは世の中から現金をなくすこと」  佐保奈緒子(コイニー社長)

★スペシャルインタビュー
「IPO前のベンチャーが世界で勝てる時代がやってきた」
  ――堀 義人(グロービス経営大学院学長、グロービス・キャピタル・パートナーズ代表パートナー)

★「公」を生きる
政界再編のキーマン・次世代の党幹事長が本音で語る 政治歴30年の真実
山田 宏(次世代の党幹事長)×徳川家広(徳川宗家19代目)前編

※詳しい内容はこちらから
http://www.keizaikai.co.jp/magazine/pdf/1028.pdf

▼『経済界』の詳細およびご購入はこちら
http://www.keizaikai.co.jp/magazine/

▼『経済界』の定期購読のお申し込みはこちら
http://www.keizaikai.co.jp/magazine/subscription.html


●ビジネス経済誌「経済界」について
今年で創刊50周年を迎えるビジネス経済誌「経済界」(隔週火曜日発売)は、1964年の創刊以来、 「人」に 迫り「人」を結ぶことを編集方針に掲げてきました。創刊50周年を迎えてこの方針をさらに強化し、これまで以上に経営者の人物像に鋭く迫る誌面作りを貫い ています。時代のキーマンの本音に迫るインタビューや対談記事、入念な取材に基づく特集やニュースレポートなど、半世紀にわたって日本の経済界を報道して きたオピニオンメディアならではの奥深く読み応えのある記事を提供しています。


●経済界について
経済界は、1964年の創業以来、ビジネス経済誌「経済界」の発行、書籍刊行、経営者コミュニティ「経済界倶楽部」の運営を通じて、国内で最も信頼される経営者向けのブランドとして認知されています。経済界に関するより詳細な情報については、http://www.keizaikai.co.jp/ をご覧ください。


■本件に関するお問い合わせ先
株式会社経済界 編集局 
Tel: 03-3507-8511 / Fax: 03-3507-8515 / E-mail: info@keizaikai.co.jp
コーポレートサイト http://www.keizaikai.co.jp/
* 本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。





プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング